1. ホームページ
  2. タックス&アカウンティング
  3. 国際税務ガバナンス
  4. BEPS Action Manager

グローバル コンプライアンスのための税務ソリューション

BEPS Action Manager

標準化された持続可能なグローバル コンプライアンス プロセスの基盤

BEPS Action Manager を導入する理由とは?

BEPS Action Manager は、OECD の BEPS フレームワークに対応するために、 下記の 3 つの領域で比類ない価値を発揮するように開発されました。

準備

各地域の法令や施行時期、さらに個々のプロファイルに基づく CbC、マスターファイル、ローカルファイルのデータ要件など、最新のグローバル BEPS コンテンツを統合します。ユーザーは、すべての BEPS 関連情報を 1 つのソリューションで得ることで、リアルタイムに行動を開始できます。

実行

透明性の高い、法人や財務データマッピングにより、データポイントをソース文書まで追跡できます。トムソン・ロイターのソフトウェアは、グループストラクチャーと法規制を自動的に割り当てることで、データ入力に応えます。品質管理を提供してメカニズムを無効にすることで、正確な CbC レポートを確実に作成できます。 ソフトウェアで最新の法規制に対応できるので、ユーザーはデータの整合性と税務戦略に専念できます。

リスク管理

データのインサイトを得ることで、CbC、マスターファイル、ローカルファイル全体で一貫した移転価格のストーリーを確立できます。トムソン・ロイターの分析フレームワークにより、リスク領域を予測し、価値創造をサポートして、レポートの 3 つの層を検証できます。 税務が組織全体にプラスの効果をもたらす中心的な存在になります。

Thomson Reuters ONESOURCE BEPS Action Manager は、コンテンツ、データ管理、企業チャート作成、文書保管、レポート、分析を1つのソリューションに組み合わせることで、ポストBEPS 時代の多国籍企業で グローバルコンプライアンスと多領域でのコラボレーションを実現します。

eBook (要登録)

「スプレッドシートに頼りすぎていませんか?」

BEPS Action Manage

税務専用テクノロジーを使い、効率よくBEPSに対応するには? 詳しくは、eBookをご覧ください。

eBook ダウンロード

BEPS Action Manager

BEPS 課題への対処に貢献するグローバル・コンプライアンス・ソリューション