Denied Party Screening

ONESOURCE

Denied Party Screening

取引先の顧客とサプライヤーをめぐるセキュリティを強化

お問い合わせ

エキスパートシステムを使用して、取引禁止対象者と取引を行うリスクを軽減

ソリューション概要

取引量が増えると、取引禁止対象者と取引を行うリスクと可能性も高まります。 取引禁止対象者・企業と取引を行い、取引禁止の規制に違反すると、法的制裁を受ける可能性があります。しかし取引禁止対象やその規制を主導で管理、特定したり、古い情報の検索機能を使用したりすることは手間がかかるのみならず、ビジネスリスクが伴います。

ONESOURCE Denied Party Screening(DPS)を使用すると、国際的な取引禁止対象拒否者リストのスクリーニングプロセスを自動化できます。 このソリューションは、既存のERP、CRM、およびSRMと統合して、顧客またはサプライヤーの追加または変更を伴うスクリーニングプロセスを自動的に行い、時間のかかるプロセスを短縮できます。約300に及ぶ専門家の情報知識を利用し、60以上の言語で240か国をカバーしています。

取引禁止対象の管理を強化するために、ダウジョーンズリスク&コンプライアンスからの制裁所有権調査データも入手できます。

取引禁止対象の管理を強化

自動スクリーニングプロセス

お問い合わせ

ONESOURCEで取引禁止対象者とビジネスを行うリスクを軽減できます

お問い合わせ