1. ホームページ
  2. 税務・会計
  3. 間接税~対応への恩恵

ONESOURCE国際税務ソリューション

間接税~対応への恩恵

単なるプロセスと思われがちですが、

間接税は最終損益も左右します。

今年の初め、トムソン・ロイターは800人以上の法人税担当者を対象に調査を行い、その結果を「2021 年版企業税務部門の現状レポート」として発表しました。調査の結果、間接税関連ではいくつかの重要な調査結果を得ることができました。

最も注目すべき点は、回答者の57%がデジタルファイリングやリアルタイムレポーティングの面で、監督省庁の大きなルール変更を予想しており、80%が人材、プロセス、テクノロジーの面で深刻な課題に直面すると予想していることです。

さらなる調査のため、私たちは世界各地で間接税を担当する30人以上の税務担当者との詳細なインタビューを行いました。

 

間接税担当は過剰な負担とリソース不足に陥っている

間接税担当者の最大の関心事は、規制変更のペースと規模でした。複数の国や地域で事業を展開し、多種多様な製品やサービスを提供している企業に特に当てはまります。

間接税チームは、頻繁に行われる法規制の更新、電子商取引やデジタル製品の増加、M&Aの対応に追われる中、複雑な税制を確実に遵守しなければならないという大きなプレッシャーにさらされています。その一方で、税務当局からの増加する要求に対応するには不十分なデータや手動のプロセスと社内で闘っています。このような現状を明らかにする今回の「間接税~対応への恩恵」を是非ダウンロード頂き、業界の最新情報をご入手ください。

 

目次

  1. 間接税部門が直面する課題
  2. 間接税部門の役割と課題の対応に必要なスキル
  3. 間接税部門を支えるテクノロジーの活用

無料ダウンロードはこちら

本フォームを送信されますと、トムソン・ロイターおよびその関連会社が、個人情報保護方針に基づき、お客様の個人情報を保有することに同意したことになります。トムソン・ロイターのプライバシー・ステートメントは、当社がお客様の個人情報をどのように収集、使用、保管、転送、開示するか、当社がこの情報を収集しなかった場合の結果、お客様がご自身の情報にアクセスして修正する方法、違反に対する苦情の申し立て方法について説明しています。