1. ホームページ
  2. タックス&アカウンティング
  3. BEPS Action Manager

ONESOURCE

BEPS Action Manager

標準化された持続可能なグローバル コンプライアンス プロセスの基盤

税務書類と報告書の作成にかつてないレベルの透明性をもたらします。この透明性は世界中の税務当局の新たなベンチマークとなります。

OECD の BEPS 提言において最も複雑な要件の国別 (CbC) 報告書要件では、初の試みとして、税務書類にグローバルな基準を一貫して適用することを求めています。

およそ 100 か国において、OECD の BEPS 提言に合わせた移転価格規則を盛り込んだ法律やその他のガイダンスがすでに導入されています。このため、現地要件の把握と遵守は、私たちが現在直面する中心的な課題の 1 つと言えます。

BEPS関連の法整備が進む日本で税務調査リスクを軽減するには、税務ガバナンスと管理を確立して、精査に耐える報告書を提出することが唯一の手段です。 

共通の課題

OECD の BEPS 提言に従い、 多くの税制改正に対処する必要があります。 全体的な税務リスク・プロファイルも増加すると予想されます。 そのため、組織として将来の税務調査リスクを軽減するために、以下のようにいくつかの対策を講じる必要があります。


1.グローバルな税務プロセスの管理性を高める

しかし・・・

小規模な社内チームや複数の会計事務所に作業を委託しても、リスクを完全に軽減するための管理性は得られません

だからこそ・・・

ローカル運用プロセス/会計事務所を統合するか、ローカルプロセスや事務所の管理性を高める対策を講じる必要があります。そのために、現在のリスクを緩和し、税務当局による新たな要件にすばやく対処できる柔軟性を備えた基準を一貫して導入する必要があります

2.国と国の間の移転価格ポリシーの不一致を管理する

しかし・・・

移転価格ポリシーの不一致の主な原因は、地域ごとに異なる 移転価格ポリシーが施行され、移転価格の計算用に多種多様な ERP システムやスプレッドシートが使用されていることにあります

だからこそ・・・

一元的なアプローチで、移転価格ポリシーの導入と文書化に取り組む必要があります

3.あらゆる BEPS 関連法令の変化を常に把握し、業界の水準を確実に満たす

しかし・・・

要件は当初よりはるかに複雑になっているため、世界各国のあらゆる法令を確実に把握するのは困難です。複数のソースから情報を生成することで、データの過負荷と矛盾が生じます

だからこそ・・・

自信を持って現状の取り組みを推進するためには、BEPS 法令の最新情報を取得する単一の信頼できるソースを特定できることが肝要です

4.組織の各法人からデータにアクセスする

しかし・・・

データのほとんどは統合されたシステム内に補完されているため、人材、ドキュメント、会社間契約を含む基盤となるデータや追加データ・ソースの取得が困難です

だからこそ・・・

法人レベルでのデータ収集プロセスを自動化し、法人データを効率的に統合レポートと照合することで、完全なコンプライアンスを確立する必要があります

税源浸食と利益移転(BEPS)

国際税務コンプライアンスの課題を解決するソリューション