1. ホームページ
  2. Global Trade Management
  3. Global Classification

ONESOURCE

Global Classification

貿易コンプライアンスを達成するための輸出入製品分類プロセスの合理化

エキスパートシステムを使用して分類プロセスを促進し、取引リスクを最小限に抑える 

通関をスムーズに行うにはコードの精度を確保する必要があります。 製品の大規模なポートフォリオを扱う場合、正しいHS番号を確保するのは困難です。 わずかな分類の違いでさえ、支払われる関税や優遇措置の決定に大きな違いが表れます。

Thomson Reuters ONESOURCE™Global Classificationを使用すると、分類ワークフローを合理化、および自動化し、正確性を高め、冗長な手動プロセスに費やす時間と労力を削減し、付加価値のある業務に時間を振り分けることができます。 製品データベースをONESOURCE Global Classificationにアップロードし、バッチ分類を実行してコードを割り当て、以前に分類された製品をモニタリングするだけで使用可能です。

情報の自動化による主要な分類データを管理


クラウドベースの製品リポジトリ

異なるデータベースから情報を引き出すのではなく、「単一バージョン」として中央に保存されている製品情報にアクセスします。企業全体で安全に製品情報を作成および共有できます

監査の準備とコンプライアンス

分類、評価、関税計算など、すべての取引の完全な監査証跡を維持することにより、税関監査のために整理された状態を維持

効率的に業務量を削減

分類を正しく行い、正確な関税の支払い、徴収を確認できます。また、特恵貿易協定を活用することにより、対象製品を計画し、コスト削減が可能になります

関税の変更の可視化

包括的な貿易データは、最近変更された、または変更されようとしている関税コード、および分類された製品を管理することができます。ユーザーは新しい分類を事前に選択することも可能です

まだ分類コード検証を手作業で行っていませんか?

カウンター分類の自動化の課題

正確で一貫性のある自動分類


プロセス全体の一貫性を確保

割り当て、管理を自動化することにより、分類活動を合理化します 承認および追跡プロセス。製品分類への透明性により、一貫した意思決定を保証し、エラー率を削減します

ERPとWebサービスの統合

複数のERPインスタンスを統合できます。 ネイティブのERP統合に加えて、他の外部システムと統合するための標準Webサービスが利用可能です

AIによる分類-スマートHS

AIと機械学習の力を活用して、6桁のWCOレベルで商品を分類します。 分類の精度を向上させ、戦略的タスクにより多くの時間を費やし、国レベルの分類をより深く掘り下げます

貿易コンプライアンスのサポート

同じ部品番号のマルチソーシングのサポート、1つの部品番号に対する複数の関税番号の保持、OGA情報の分類の要求など、特定の分類課題を処理できます

自動分類で時間を節約し、より戦略的な活動に注力できます

お問い合わせはこちら