1. ホームページ
  2. Global Trade Management
  3. Global trade management guide: Solving common supply chain problems

国際貿易管理ガイド

サプライチェーンに関する共通課題を解決する

サプライチェーンに関する共通課題を解決する

パンデミックと貿易戦争により不確実性と変動性は国際貿易を考えるキーワードとなりました。またサプライチェーンの混乱は未だ進行中で、ニューノーマルとなりつつあります。

このような状況の変化に伴い、2021年国際貿易をどのように管理すべきかという課題も必然的に変わっていきます。サプライチェーンが混乱するたびに、業績に影響を与えるため、ビジネスリーダーはいかに状況を安定させることができるかを問われています。

経営幹部に対しては、国際貿易管理に対して全体的なアプローチをとるよう、また、サプライチェーンと輸出入責任者に対しては、より戦略的なアプローチをとるべきという圧力が高まっています。

地域包括的経済連携(RCEP)のような新しい貿易体制の影響により、今後数年間で、サプライチェーンは飛躍的に拡大すると予想されていることを鑑みても、このような戦略はアジア太平洋地域の企業にとって、大変緊急性の高いものと言えるでしょう。

国際貿易管理(GTM)は、現在急成長中のグローバル企業にとって大変重要になってきており、暫定的なマニュアルアプローチでは、とても対応できる状況ではないと言えるでしょう。

 

激動の国際貿易情勢での対応力。 2021年の国際貿易管理とは 

国際貿易に大きな変化が起きています。 この問題に正面から取り組んできた企業は、既に研究開発から販売までのサプライチェーンがテクノロジーによって強化され、時間とコストが削減され、またコンプライアンスを遵守することで大切な企業ブランドを守っています

 

日本では、今年は昨年よりも貿易調査と税関監査が発生す る可能性が高くなっています。これらの監査の厳格な実装 とランダムな性質を考慮すると、FTA/EPAを利用するすべ ての企業はより綿密な準備が必要です。まずはすべての手 動プロセスを置き換え、デジタル化された統合ソリュー ションを検討しましょう。

 

本ガイドは、国際貿易管理ソフトウェアによって企業がどのように分析的洞察を得ることができるのか、また自由貿易協定による節税を可能にすることができるのかを紹介します。是非ダウンロードください。

無料ダウンロードはこちら

トムソン・ロイターまたはその関連会社(TR)のウェブサイト、モバイルアプリケーション(以下「アプリ」)を含むアプリケーション、製品、ソフトウェア、サービスを利用すること、またはその他の方法で当社にお客様(または他の人)の個人情報を提供することにより、お客様は当社の個人情報保護方針(https://www.thomsonreuters.com/en/privacy-statement.html にも掲載されています。弊社の個人情報保護方針をご希望でしたら、こちらprivacy.issues@thomsonreuters.comまでメールにてご依頼ください。)に従って、当社がお客様の個人情報を収集、使用、開示することに同意したものとみなされます。当社の個人情報保護方針に同意しない場合は、当社のウェブサイト、製品、サービスの利用や個人情報の提供を行わないでください。