1. ホームページ
  2. Global Trade Management
  3. RCEP FTA

ONESOURCE FTA 管理ソリューション

FTAを最大限活用する

RCEP、CPTPP、英日CEPAなどの新貿易体制により、新たなビジネス成長の機会が訪れています。サプライチェーンの見直し、強化が急務です。マニュアル作業では追い付きません。今こそデジタルに移行する時です。

国際貿易はRCEP成立により歴史的転換点に立っています。マニュアル作業では複雑に変動する規制に対応できません。競争優位性と貿易コンプライアンスを確保するために、デジタル化へ一歩踏み出しましょう。

04:13

一元化された国際貿易管理プラットフォームでコスト削減とリスク低減を実現

英日CEPA、CPTPP、RCEPなどの貿易協定は、アジア太平洋地域の企業にビジネスチャンスをもたらしています。新たな取引パートナーの増加、サプライチェーンの多様化、一層の関税削減のための手段が増えることになります。市場優位性を重視するなら、FTAを無視することはできません。刻々と変化する規制に確実に対応し、貿易コンプライアンス確立し、FTAを最大限に利用するにはマニュアル作業では間に合いません。市場競争力を有する企業は、貿易・サプライチェーンの担当部署と経営陣をサポートするために、国際貿易管理業務を見直し、近代化しています。FTAに関するマニュアル業務から脱却し、システム主導への移行が必須です。

既存の貿易協定から、変化しつつある貿易協定、詳細の貿易協定までカバーできるため、多くのグローバル企業はトムソン・ロイターの ONESOURCE FTA管理ソリューションを採用しています。貿易コンプライアンスを効率的に確保し、プロセスを簡素化し、サプライチェーンが高度化され、コスト削減が期待できます。

FTA管理のデジタル化メリット

戦略的なサプライチェーンを構築

新たな貿易協定、既存の貿易協定、今後成立する貿易協定について今まで以上に速やかな意思決定ができるようになります。

縦割りのプロセスの消滅

徹底して自動化されたFTAマネジメントにより社内・社外の協働が増加し、効率が向上します。

高いROI

コスト削減額を比較し、最良の関税削減プログラムに参加し、製品コストを削減できるようになります。

万全な監査準備

すべてのサプライヤーとFTA認証データの単一レポジトリーを使っていつでも検認調査に備えることができます。

国際貿易管理ガイド

サプライチェーンに関する共通課題を解決する

企業がサプライチェーンの混乱や規制上の不確実性に対応するには、先を見越した計画の策定に着手して潜在的なリスクを最小化することが求められます。このガイドは、国際貿易管理(GTM)が貴社の貿易業務にどう洞察力を提供できるのか、不必要なリスクをどう軽減できるのか、自由貿易協定(FTA)を通したコスト削減をどう実現できるのか、ということをお伝えします。

8 Pillars behind every successful law firm

オンディマンドウェビナー

ソリューションで管理するFTA

FTAとは何か、FTAの利点や始めるにあたり留意すべきポイント、システムでFTAを一元管理する方法をご紹介

8 Pillars behind every successful law firm

ONESOURCE FTA 管理ソリューション

市場競争力をつけながら、貿易コンプライアンスを強化し、コストを削減する

FTA管理のデジタル化はソリューションの専門家へ