ドル代替指標金利SOFRとデリバティブ

2017年7月、英金融行動監視機構(FCA)は、ロンドン銀行間取引金利であるLIBORに代わる金利指標へ2021年末までに移行すべきとの見解を明らかにした。LIBORは裏付けとなる取引が活発でなく「市場参加者がこうした指標に依存するのは持続不可能なだけではなく、望ましくない」とされ、これを契機に代替指標の本格的な検討が開始された。

一方で、2014年7月、金融安定理事会(FSB)が公表した「主要な金利指標の改革」に沿って国際的に金利指標の改革が進んでおり、米国ニューヨーク連銀は今年4月3日よりリスク・フリー・レートとして「担保付翌日物調達金利(SOFR)」の公表を始めた。また、今年5月7日にはCMEグループがSOFRに基づく一か月物および三か月物の新しい金利先物を上場する予定となっている。これらによりドル金利商品についての代替金利への移行の道筋が示され、タームレートの算出にも影響するものと言われている。

本セミナーでは、こうした流れの背景と、CMEグループの新しい先物商品およびトムソン・ロイターの対応についてご説明いたします。ご多忙の折とは存じますが、皆様のご参加をお待ちしております。

 

開催概要

日時         2018年5月24日(木) 11:00 - 14:00 (10:30 受付開始)

会場         トムソン・ロイター セミナールーム(地図

定員         50名(事前登録制)

対象者     金融機関のフロント、ミドル、バックオフィスとシステムベンダーの方

※対象外の方のご参加はお断りしておりますので予めご了承ください。

プログラム

11:00-11:05             主催者挨拶

11:05-12:30             第一部 SOFRの誕生とそのインパクト

                               講演1「ドル指標金利の移行と本邦投資家へのその影響」

                               講演2「SOFR先物市場の概観と今後の発展について」

12:30-13:00               昼食・懇親会

13:00-14:00             第二部 SOFR先物と実務的対応

                                 講演3「SOFRベースの新先物商品の解説」 

                               講演4「RFRへの取組について」

14:00-14:05             閉会のご挨拶

※プログラムは予告なく変更となる場合がございます。最新のプログラムはお申し込みサイトにて随時更新致しますのでご確認ください。

詳細・お申込はこちら