国際税務ガバナンス

税務改革を推進する ー ONESOURCE 国際税務ソフトウェア

国際税務ガバナンス

絶えず変化する税制と税務環境におけるリスク管理

お問合せ

国際規模の税務ガバナンスが成功へのカギ

昨今の会計上の不正行為をきっかけに、不本意な形で日本の多国籍企業におけるコーポレートガバナンスに注目が集まっています。こうした不祥事によって、組織が非難されるだけでなく、その成功が妨げられ、成長戦略が損なわれます。

さらに、BEPS(税源浸食と利益移転)に対処する取り組みと日本のCFC(タックスヘイブン対策税制)ルールの修正が、国際税制に重大な変化をもたらしています。市場のグローバル化と激しい競争を背景に、規制上の透明性と開示が求められる中、日本の多国籍企業はかつてないほどの課題に直面しています。

税務のさらなる透明化を求める国外の利害関係者からの要求や、企業に株主価値の改善とリスク管理を求める圧力を踏まえると、企業は世界規模の税務戦略、方針、プロセスについてより深く考える必要があります。

税務関連のテクノロジーを適切に導入すれば、税務部門が絶えない変化に遅れずについていくための強力な基盤となります。プロセスの合理化により、企業はさらに正確で、法令に準拠した、透明な税務を行えるようになり、日本国内だけでなく、世界規模で一層効果的に事業を展開できます。

自社の税務管理手法に満足していますか?

日本企業と国外企業の国際税務管理手法を比較した研究によれば、多くの日本企業が自社の税務オペレーションモデルに満足していません。

  • 日本企業の78%は分散型モデルにより税務を運営していることが分かりました(同比率は世界全体で24%、アジア太平洋地域で10%)。
  • 調査に回答した日本企業のうち、自社の世界規模の税務管理が効果的だと感じている企業は半数未満でした。
  • それにもかかわらず、これらの企業の大半では税務モデル全体を変更する予定がありません。
     

コンプライアンス リスクに影響する要因

規制のさらなる複雑化 税務の不十分な調査とプランニング
煩雑なデータ収集プロセス 非効率的な文書管理
持ち回り型の部門構成に伴う制約  


税務関連のテクノロジーは、組織内の文書化プロセスの標準化とコンプライアンスの順守、およびレポーティングシステムによる膨大なデータの自動的な一元化を支援し、企業のコンプライアンスを強化します。

導入に向けた準備

典型的な日本企業の税務部門は社外の税務顧問や業務の外注に大きく依存する小規模のチームであり、新たなソリューションに充てる、または変更プロセスを管理する予算には限りがあります。その結果、組織に新たなアプローチを導入してリスク管理業務を軽減することは難しい課題です。以下のステップに従い、戦略的な手法で国際税務プランニングを行います。

何から始めるべきかお困りの場合は、当社の専門家にご相談ください

お問合せ

トムソン・ロイターのソリューションを利用した税務改革

今日の税務環境では変化が求められます。税務関連で入手可能な様々なテクノロジーを検討する際は、何を利用すべきか、なぜ利用すべきかを考える必要があります。税務関連のテクノロジーの導入は、組織を長期的な目標に近づけるための戦略的な取り組みです。適切に評価して導入すれば、税務テクノロジーによって、透明性、法令順守、プロセスの効率、および国際的な協力態勢を持続可能な形で強化し、従業員とその他の重要な利害関係者を満足させることができます。

今日の複雑な税務環境を上手く切り抜けるために。

まずは、診断のご相談から。お問い合わせください。

お問合せ