BEPS

税源浸食と利益移転 (BEPS)

BEPS

BEPS 関連の事案を抱えている多国籍企業は 10,000 社以上 – どのように比較すべきか?

お問合せ

税務書類と報告書の作成にかつてないレベルの透明性をもたらします。この透明性は世界中の税務当局の新たなベンチマークとなります。

OECD の BEPS 提言において最も複雑な要件の国別 (CbC) 報告書要件では、初の試みとして、税務書類にグローバルな基準を一貫して適用することを求めています。

およそ 100 か国において、OECD の BEPS 提言に合わせた移転価格規則を盛り込んだ法律やその他のガイダンスがすでに導入されています。このため、現地要件の把握と遵守は、私たちが現在直面する中心的な課題の 1 つと言えます。

BEPS関連の法整備が進む日本で税務調査リスクを軽減するには、税務ガバナンスと管理を確立して、精査に耐える報告書を提出することが唯一の手段です。 

注目を集める BEPS

日本の多国籍企業が抱える最大の課題: 
「税務リスクを軽減するために BEPS 要件を把握する」
フリー調査レポート
:  日本の多国籍企業は BEPS 要件にどのように対処しているか (要登録)

共通の課題

OECD の BEPS 提言に従い、 多くの税制改正に対処する必要があります。 全体的な税務リスク・プロファイルも増加すると予想されます。 そのため、組織として将来の税務調査リスクを軽減するために、以下のようにいくつかの対策を講じる必要があります。

税源浸食と利益移転 (BEPS)

国際税務コンプライアンスの課題を解決するソリューション

お問合せ