ソルベンシー II を通じリスクの全体的な把握を促進

ソルベンシー II

ソルベンシー II は、保険会社に適用される欧州の規制制度ですが、多くの場合、世界的なベスト・プラクティスとみなされています。

FATCA とソルベンシー II -- 価格リファレンス・データの観点から (8:25) (英語)

欧州以外にも広がるソルベンシー II

  • ソルベンシー II は、欧州連合域内の保険会社に適用される規制制度で、2016 年初めに施行されましたが、規制当局も保険会社も、その要件の対応に今なお取り組んでいます。
  • しかし、新しい規則の影響は、欧州だけにとどまらず広範囲に及んでいます。バーゼル委員会に匹敵する保険規制当局の国際組織である保険監督者国際機構は、ソルベンシー II の重要部分の導入をすでに世界中で開始しています。
  • ソルベンシー II は、リスク資本管理と規制資本管理の一貫性を欧州全体で実現することを目的としており、これには次の重要な概念が含まれます。
  • 市場整合的な貸借対照表
  • リスクベース資本
  • リスクとソルベンシーの自己評価 (ORSA) に基づく将来を見据えた評価
  • 経営幹部の説明責任
  • 監督評価

ソルベンシー II を理解する

欧州の保険会社は、以下のソルベンシー II の 3 本柱をすべて実施する必要があります。

第 1 の柱 - ソルベンシー II によって課される財務要件を対象としています。資本要件の設定・評価方法と、企業の適格な資本資源の決定方法について規定しています。第 1 の柱は、保険契約者に保護を提供するための十分な資本金を企業に確保させることを目的としています。

第 2 の柱 - 企業に高水準のリスク・マネジメントとガバナンスを課しています。ORSA は、企業のリスク、ソルベンシーの必要性、および資本資源の十分性について将来を見据えた評価を実施することを要求しています。

第 3 の柱- 監督当局と一般社会に対する透明性の向上を目的としています。監督当局に対する非公開の年次報告書に加え、ソルベンシーと財務状態に関する公開報告書があります。これらの報告書には、企業が四半期に 1 回と年 1 回提供するコア情報が含まれます。

ルックスルー報告を検討する

ソルベンシー II は、欧州の保険会社に対し、規制資本要件を第 1 の柱に基づき算出し、第 3 の柱に基づき報告できるように、その投資対象ファンドを構成する基礎的資産を報告するよう要求しています。この「ルックスルー・アプローチ」は、保険会社がそのリスク、特に投資ファンドに組み込まれたリスクを管理、評価するのを促進すると考えられています。基礎的な証券や資産のリスクが高ければ高いほど、より大きな資本負担が発生します。

ルックスルー報告要件の詳細度は、第 1 の柱と第 3 の柱に基づき異なります。しかし、四半期および年次の定量的報告テンプレート (QRT) に記入した場合など、一部のケースでは、保険会社は証券レベルの詳細情報の提供が期待されます。

ルックスルー報告は、ソルベンシー II に基づく規制要件ですが、これによって投資リスクと累積リスクの全体像が明らかになるため、保険会社の全体的なリスク管理手法を強力に支えます。これによって透明性が向上するため、保険会社は事業と資本配分に関する戦略的な意思決定を行うことができます。

ORSA を掘り下げる

リスクとソルベンシーの自己評価 (ORSA) は、欧州における第 2 の柱およびソルベンシー II アプローチの心臓部です。このフレームワークは、保険監督者国際機構 (IAIS) の保険コア・プリンシプルのリストにも組み込まれています。つまり、ORSA は国際的に適用されているのです。

ORSA は、本質的には、保険会社の戦略的事業計画に関連するリスクの内部評価であり、これによって、保険会社がこれらのリスクに対応するための資本資源を有しているかどうかを判断します。取締役会と経営幹部は、ORSA について責任を負うことが求められ、ORSA には、合理的に予測可能な関連する重要リスクをすべて含めなければなりません。これは企業体レベルのリスク・マネジメント・フレームワークと非常に似ています。ORSA では、将来を見据えて、リスクと資本資源を評価する必要があるためです。

10 年後までには、主要な法域のほとんどで ORSA に類似した手法が導入される見込みです。

詳細のお問合せ

送信前に必須項目を全てご記入ください。

トムソン・ロイターは、当社が主催/共催、または出展/協賛するイベントのご案内、当社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び当社営業部門、マーケティングサービス会社からのご連絡などを目的として、取得した個人情報を利用させていただくことがあります。当社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ずに第三者に提供することはありません。ただし、上記利用目的の範囲においてお客様の個人情報を弊社と個人情報取扱いについて契約のある委託業者が閲覧することがございます。 プライバシー・ステートメントの詳細につきましては、以下のリンクをご確認いただきますようお願いいたします。

プライバシー・ステートメント