株主報告

保有株式の開示

自信を持って提出できる、正確で信頼性の高い株主報告を作成して、保有株式の開示要件を遵守しましょう。

保有株式の開示にトムソン・ロイターを活用 (3:45) (英語)

概要

投資業界の透明性を維持するために、機関投資家は受益所有権を開示する必要があります。

アセット・マネージャーが市場全体で負うシステミック・リスクを把握するために、世界中の規制当局が市場参加者に保有株式の開示を義務付けています。

こうした開示は市場参加者の保有する金融商品が対象となっています。これらの金融商品は、ある事業体について保有数量が相当数に達した場合、市場参加者が保護産業に投資する場合、あるいは市場参加者が買収提案もしくは空売りに関与する場合、株式と「同様の経済効果」を持つものとされています。

複雑なルール

こうした種類の開示に関する課題は、データの精度です。このデータは、機関投資家が所有している株式資本と議決権に基づき、その機関投資家が特定の会社に対して保持している影響力を把握するために必要なものです。

この計算は、数多くの様々な詳細データに基づき行われる場合があります。

情報開示の基本的な目的は同じですが、各法域によって微妙にニュアンスが異なります。欧州内での金融商品市場指令 (MiFID) などがその例です。すなわち、情報開示についての解釈やアプローチには、各法域によって差異が存在するということです。

保有株式の開示に関する規制は、各地域に存在し、それぞれに異なります。この状況は、複数の法域にわたって株式を保有する個人や企業に対し、難題を突き付けることになります。その難題には、以下が挙げられます。

  • 独自の報告ルール
  • 報告の頻度
  • 情報開示の形式
  • 対象となるデータの種類

したがって、バイサイドおよびセルサイドの企業は、株式保有状況の変化を継続的にモニタリングし、これを各地域の規制当局が定める情報開示基準に照らし合わせる必要があります。

報告に関する課題に対処

世界的に多様化した法規制、例えば合併、空売り、企業買収に関する開示ルールや業界特有の開示ルールによって、データ、法規制、ソフトウェアに関する課題が生じています。当社は、お客様がこれらの課題に対処し、保有株式の開示要件を遵守するための支援を実施します。

お客様は当社のデータを利用し、正確な基準に基づきポジションを容易にモニタリングできます。また、完全な透明性を確保できます。

トムソン・ロイターが提供する保有株式開示のためのデータには、以下が含まれます。

  • 15 種類の総株式数および総議決権
  • 150 を超える信頼できる情報源
  • 60,000 社を超える上場企業からの定期報告
  • 99 か国のカバレッジ

信頼できるリファレンス・データでリスクを緩和

保有株式開示のためのリファレンス・データと分析をご提供します。これらは以下の項目などの開示に役立ちます。

  • 業種分類
  • 市場セグメント識別子
  • 原資産に関する詳細情報、デリバティブや預託証券の比率
  • 原資産、金融商品、発行者のヒエラルキー

詳細のお問合せ

送信前に必須項目を全てご記入ください。

トムソン・ロイターは、当社が主催/共催、または出展/協賛するイベントのご案内、当社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び当社営業部門、マーケティングサービス会社からのご連絡などを目的として、取得した個人情報を利用させていただくことがあります。当社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ずに第三者に提供することはありません。ただし、上記利用目的の範囲においてお客様の個人情報を弊社と個人情報取扱いについて契約のある委託業者が閲覧することがございます。 プライバシー・ステートメントの詳細につきましては、以下のリンクをご確認いただきますようお願いいたします。

プライバシー・ステートメント