ポリシー管理の効率化と簡素化

ポリシー管理

効率化された整合性のあるポリシー管理アプローチをとる企業は、コンプライアンス・リスクを低減し、業績を改善しています。トムソン・ロイターのソリューションを利用することで、ビジネス全体でポリシー管理のあらゆる側面を簡素化することができます。

U.S. Secret Service agents walk on the tarmac before the arrival of U.S. President George W. Bush on Marine One in Waco, Texas, August 7, 2002.
REUTERS/Larry Downing

変更に合わせたポリシーの調整

規制変更を監視し、この変更がどのように企業に適用されるかを理解することは、多大なリソースを要する作業になります。多くの企業は、関連規制当局が施行する新しい規則を監視し、社内の各種ポリシーと対応付けるために、毎年 1 人当たり数百時間 x 数百人のリソースを投入しています。

多大なリソースがこの作業に投じられていても、関連情報を照合、分析し、適切な関係者に適切なタイミングで周知することは大変な作業です。

その結果、ポリシーの変更を実施するプロジェクトは遅れをとる可能性があり、さらに悪いことに、完全に見過ごされることもあります。

反復可能なポリシー・プロセスの策定

そのため、現在、多くの企業がポリシー管理フレームワークを策定しつつあります。その推進要因となっているのは、規制変更を「通常業務」にすることによって、コンプライアンス・リスクを低減する必要性です。

企業は、ポリシー変更管理プロセスを簡素化、効率化することによって、ポリシー変更の実施で生じる複雑さを解消することができ、それによって、コンプライアンス・リスクの増大を防ぐことができます。これらの企業で判明しつつあることは、このようなフレームワークを一旦導入すると、ポリシー変更が特定されて適切に実施されたことを、規制機関やその他の関係者に対して証明する際の助けとなるということです。

ポリシー変更フレームワークを検討している企業は、以下に該当しているかどうかを自問しています。

  • 必要なポリシー変更を過去に見逃したことがある 
  • 潜在的なポリシー変更の問題を特定するために多大な時間とリソースを費やしている
  • ポリシーの変更に対する承認プロセスの管理に苦慮している
  • ポリシー変更の教育プログラムの実施は難しく、多くの時間が必要である
  • 取締役会や規制機関などの重要な利害関係者に有効なポリシー変更の適切な証明を提示するのが困難である