FATCA コンプライアンスのための柔軟なソリューション

FATCA コンプライアンス

FATCA コンプライアンスは、外国の金融機関の税務部門やその他の部門に対し、米国の納税者が保有する金融口座に関する情報を IRS または国内の税務当局に報告することを要求しています。

Coins and banknotes from various countries

概要

2014 年に、51 の国と地域が、自動的な情報交換 (AEoI) の強化を目的とする経済協力開発機構 (OECD) の取り組み、共通報告基準 (CRS) に調印しました。CRS は税務当局間の効率的な情報交換を拡大、促進するもので、世界各国の税金逃れ対策の貴重なツールとなります。

世界的な CRS の取り組みは、米国中心の外国口座税務コンプライアンス法 (FATCA) とともに、金融機関に重大な影響を及ぼします。

  • 報告要件の厳格化
  • 取引先デューデリジェンス (CDD) 手順の厳格化の必要性         

FATCA は、外国の金融機関 (FFI) に対し、米国の納税者が保有する金融口座に関する情報を IRS または国内の税務当局に報告することを要求しています。

FATCA の目的

FATCA は、米国市民や企業による FFI を通じた租税回避を防止することを意図しています。その目的は、米国以外の金融機関やオフショア口座に金融資産を保有する米国の納税者を特定し、米国での納税義務を回避できないようにすることです。

FATCA は個人の租税回避の防止を目的としていますが、コンプライアンスの負担の大部分は FFI が負うことになります。

当社のソリューション

FATCA は、金融機関か否かを問わず、世界中の何千もの組織のコンプライアンス・プロセスに多大な影響を及ぼします。世界中の税の枠組みを一変させるため、同法に対する準備は複雑で、困難なものになります。

トムソン・ロイターの FATCA ソリューションは、クライアントの個々のニーズを満たす柔軟かつ拡張性の高いソリューションです。FATCA と CRS の両方の影響が、日常的なコンプライアンス手順に及ぶようになる中で、当社のソリューションの洗練されたソフトウェアは、シームレスなワークフローとデリバリを実現します。

詳細のお問合せ

送信前に必須項目を全てご記入ください。

トムソン・ロイターは、当社が主催/共催、または出展/協賛するイベントのご案内、当社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び当社営業部門、マーケティングサービス会社からのご連絡などを目的として、取得した個人情報を利用させていただくことがあります。当社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ずに第三者に提供することはありません。ただし、上記利用目的の範囲においてお客様の個人情報を弊社と個人情報取扱いについて契約のある委託業者が閲覧することがございます。 プライバシー・ステートメントの詳細につきましては、以下のリンクをご確認いただきますようお願いいたします。

プライバシー・ステートメント