効果的なリスク・マネジメントでより適切なビジネス上の意思決定を

エンタープライズ・リスク・マネジメント

トムソン・ロイターのソリューションを利用して、企業文化と事業戦略を整合させることで、強力な経営および企業体レベルのリスク・マネジメントとプログラムを実現できます。

Troops from the Japan's Ground Self-Defense Force 1st Airborne Brigade dive from a C-1 transport plane during an annual new year military exercise in Narashino, east of Tokyo January 11, 2009.
REUTERS/Toru Hanai

リスク文化への取り組み

多くの場合、組織は、優れたリスク文化とはどのようなもので、どのように形成できるのかを理解するのに苦労しています。適切な環境を作るのは、トップが示す姿勢ですか?それは適切なフレームワークですか?シナリオ分析、経済資本モデリング、リスク・マネジメントの自己評価のうち、どの活動を実施すべきですか?3 つすべての活動を実施すべきですか?

実用的なインテリジェンスの作成

組織や業界が直面する特定の問題に基づく優れたリスク・アペタイト・フレームワークは、適切なスタート地点であることが明らかになりつつあります。しかし、リスク・アペタイトを実現することは、はるかに大きな問題です。企業のリスク・アペタイト・プログラムが、リスク分析のプロセスによって頓挫しないように、企業は、適切な人材、リソース、ソリューションを準備する必要があります。

リスク・アペタイトの実現には、事業部門、経営幹部、取締役会など重要な関係者に適切かつ実用的な情報を提供することが重要となります。この情報がなければ、真のリスク文化を形成することはできません。 

リスク文化の育成

リスク文化の形成や改善を求める組織は、以下の質問を検討する必要があります。

  • 関係者は、自社組織の状況の中でリスクをどのように理解しているか?
  • リスク・アペタイトは企業内で効果的に伝達されているか?
  • 各事業部門は、それぞれのリスク・プロファイルを理解しているか?その知識に基づいて行動しているか?
  • 取締役会は、適切なリスク情報が提供されていると感じているか?
  • リスク・マネジメントの改善によって会社の利益率をどう改善できるか?
  • 事業戦略の策定に対し、リスク・マネジメント部門はどのような提案をできるか?

詳細のお問合せ

送信前に必須項目を全てご記入ください。

トムソン・ロイターは、当社が主催/共催、または出展/協賛するイベントのご案内、当社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び当社営業部門、マーケティングサービス会社からのご連絡などを目的として、取得した個人情報を利用させていただくことがあります。当社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ずに第三者に提供することはありません。ただし、上記利用目的の範囲においてお客様の個人情報を弊社と個人情報取扱いについて契約のある委託業者が閲覧することがございます。 プライバシー・ステートメントの詳細につきましては、以下のリンクをご確認いただきますようお願いいたします。

プライバシー・ステートメント