コーポレート・ガバナンスを監視

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスは、世界中の取締役会の関心事です。トムソン・ロイターのソリューションは、ビジネスに対する総合的な視点を提供することで、より適切な意思決定と成長を実現します。

Businessmen are reflected on walls at a business district in Tokyo September 14, 2010.
REUTERS/Yuriko Nakao

コーポレート・ガバナンスとは?

コーポレート・ガバナンスとは、企業の戦略と業績を総合的に捉え、健全に企業価値の確立に向けた企業経営の仕組みです。

適切なカバナンスは、成功する企業内部の重要な構成要素であり、堅調な経済的成長を維持する能力において極めて重要な役割を果たします。また、十分な情報に基づいた取締役会の意思決定も可能にします。

変化しつつある状況

経済状況の変動や規制要件の増加、リスクに関する懸念の増大によって、コーポレート・ガバナンスは近年複雑さが増し、その結果、取締役会の責任とプレッシャーが増大しています。

米国連邦政府、国際コーポレート・ガバナンス・ネットワーク (ICGN)、経済協力開発機構 (OECD) など、さまざまな組織や政府機関によって新しい指針や規制が実施され、その結果、サーベンス・オクスリー法、コーポレート・ガバナンス原則および規範、証券取引所の上場基準、コーポレート・ガバナンス原則など、数えきれないほどの新しい法令が施行されています。

企業の首脳陣に対する監視の強化

首脳陣 (取締役会と執行役員の双方) に対する監視は、かつてないほど強化されています。株主と規制機関の双方が、より適切なガバナンスとリスク監視を要求しており、経営陣にその実現を期待しています。

組織がこの課題に対応するには、取締役会のツール、ガバナンス・ワークフロー、および戦略的分析のすべてが必要です。これらは、一流のグローバル・サービスや比類なきセキュリティと統合されて一体となって提供される必要があります。

詳細のお問合せ

送信前に必須項目を全てご記入ください。

トムソン・ロイターは、当社が主催/共催、または出展/協賛するイベントのご案内、当社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び当社営業部門、マーケティングサービス会社からのご連絡などを目的として、取得した個人情報を利用させていただくことがあります。当社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ずに第三者に提供することはありません。ただし、上記利用目的の範囲においてお客様の個人情報を弊社と個人情報取扱いについて契約のある委託業者が閲覧することがございます。 プライバシー・ステートメントの詳細につきましては、以下のリンクをご確認いただきますようお願いいたします。

プライバシー・ステートメント