コンダクト・リスクの把握と管理

コンダクト・リスク

組織が情報、テクノロジー、トレーニングを活用し、コンダクト・リスク・プロファイルを改善する方法をご確認ください。

A Chinese military band conductor prepares to perform before the opening ceremony of the National People's Congress at the Great Hall of the People in Beijing March 5, 2007.
REUTERS/Jason Lee

コンダクト・リスクとは?

コンダクト・リスクは通常、公正な顧客成果の提供に関するリスク、または市場の健全性に関するリスクと定義されます。つまり、コンダクト・リスクは、企業フレームワークのあらゆる部分に関係します。

コンダクト・リスク・マネジメントは、その目的が、コンダクト・リスクに関する新しい規則の確実な遵守、利益相反の管理、市場濫用の防止、新商品の開発プロセスに関する強固な監査手順の構築のいずれであっても、エンタープライズ・リスクと統合されます。

コンダクト・リスク・マネジメントの導入

組織のリスク文化を改善する最初のステップが、強力なコンダクト・リスク・マネジメント・フレームワークの導入であることは、多くの専門家が認めています。リスク・プログラムの主要要素を実施することはベスト・プラクティスとみなされ、組織に以下を要求します。

  • 組織全体のコンダクト・リスクを評価する
  • コンダクト・リスクの専門担当者を決定し、取締役会が承認する
  • 主要なコンダクト・リスク指標を測定・監視する
  • 期待される行動についてスタッフを教育・訓練する
  • コンダクト・リスクを管理し、周知する

コンダクトおよび規制変更管理の課題

規制変更の多さとめまぐるしさが、リスク文化の定着を一層困難にしています。優れたリスク文化をもつ組織は、業績の向上や監督当局との関係改善という形で大きな利益を得ることになります。しかし、これを成功させるには、以下を行う必要があります。

  • 場所や商品ごとに規制環境を把握する
  • 規制変更を監視し、効果的に管理する
  • コンダクト・リスクの結果に焦点を置いたポリシーや手順を定める
  • スタッフの職務に影響を及ぼす新しいポリシーや規制に関してスタッフにトレーニングを受講させる
  • 規制上の調査に関して監督当局と連携する

 

コンダクトと商品ライフサイクル

多くの組織にとって、コンダクト・リスクの最も有力な証拠は商品ライフサイクル内に存在します。新商品の開発から廃止活動に至るまで、コンダクト・リスクを積極的に管理する必要があります。組織は以下を行う必要があります。

  • 新製品開発においてコンダクト・リスクを考慮する
  • 販売奨励金を評価、管理する
  • 顧客オンボーディング・プロセスを法令に完全に準拠させる
  • クライアントとの関係の全段階において商品の適合性を監視する
  • 適切な商品紹介の教育を徹底し、リスク意識を向上させる

詳細のお問合せ

送信前に必須項目を全てご記入ください。

トムソン・ロイターは、当社が主催/共催、または出展/協賛するイベントのご案内、当社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び当社営業部門、マーケティングサービス会社からのご連絡などを目的として、取得した個人情報を利用させていただくことがあります。当社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ずに第三者に提供することはありません。ただし、上記利用目的の範囲においてお客様の個人情報を弊社と個人情報取扱いについて契約のある委託業者が閲覧することがございます。 プライバシー・ステートメントの詳細につきましては、以下のリンクをご確認いただきますようお願いいたします。

プライバシー・ステートメント