コンプライアンス教育コース

コンプライアンス教育

当社のコンプライアンス教育を通じて従業員が現実世界の問題を認識し、対処できるようにします。カスタマイズ・コースでは、マネーロンダリング対策、多様性、機密保持、HIPAA などのトピックを取り上げます。

A traffic sign is pictured in front of the skyline of the the Canary Wharf financial district in London October 21, 2010.
REUTERS/Luke MacGregor

コンプライアンス教育とは?

従業員コンプライアンス教育は、あらゆる組織のリスク管理、ガバナンス、コンプライアンスの取り組みの基盤となる前提条件です。日常的な役割に適用される法律や規制、社内方針を従業員に理解させ、順守させるのは、職場のコンプライアンス規制を満たすのに必要不可欠です。

法律問題の多くは、従業員の日常業務に適用される法律、規制、ポリシーについての無知や誤解、あるいは露骨な軽視といった従業員の不適切な行動に起因しています。このような問題の多くは、コンプライアンス教育によって防止、あるいは少なくとも低減することができます。

トムソン・ロイターのオンライン・コンプライアンス教育の主要な目的は以下のとおりです。

  • 従業員にコンプライアンス上の責任を認識させる
  • コンプライアンス違反のリスクを低減する
  • よりよい職場文化を促進する
  • 不正行為が生じた場合の組織の法的責任を排除する
  • 組織の評判を守る

知識豊富な生産性の高い従業員を育てる

コンプライアンス教育を受けた従業員は、受けていない従業員に比べて生産性が高く、離職率が低く、効率的であり、監督の必要性が少ないことが、調査によって明らかになっています。

ほとんどの従業員は、明らかに不適切とされる職場行動を理解していますが、法律やポリシーの要件は理解しにくいものが多く、一部の従業員の社会的規範や文化的規範と矛盾する場合もあります。同様に、反競争的行為、データ・プライバシー、インサイダー取引等の職場の問題に関する法律には、常識的な理解の範囲を超えた微妙な点が数多くあります。

全従業員にコンプライアンス上の責任に関する定期的な教育の受講を義務づけることで、生産的で倫理的な敬意ある職場を形成・維持するうえで積極的な役割を全従業員に与えることができます。 

高い倫理観は業績の向上をもたらす

組織独自のコンプライアンス教育と教育計画の細部にこだわることは、意味のある利益を組織にもたらします。ある調査によると、組織のコンプライアンスに割り当てられる予算が 1 ドル増えるごとに、損害賠償金、和解金、罰金が平均 1.37 ドル減少することがわかっています。また、別の調査では、教育に平均以上の金額を投資する組織では、調査対象期間中の S&P 500 指数より 45% 以上高い利益があることがわかっています。

コンプライアンス教育計画の積極的な実施によって、組織あるいはその役員・従業員の不正行為に対する法執行機関の責任追及がどのように行われるか、あるいはそれが行われるか否かが決まる可能性があります。

コンプライアンス教育を巡る状況の変化

今日の環境においてコンプライアンス教育の文化を確立することは、絶えず変化する規制要件、規制機関の厳しい監視、モバイル・ワークフォースの増加、開発予算の縮小などに対処することを意味しています。

規制当局がコンプライアンス違反の背後にある理由として教育や理解の不足を挙げていることから、組織は、正確でコスト効率の高い魅力的な教育を提供し、理解度と修了を証明することがますます求められています。

詳細のお問合せ

送信前に必須項目を全てご記入ください。

トムソン・ロイターは、当社が主催/共催、または出展/協賛するイベントのご案内、当社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び当社営業部門、マーケティングサービス会社からのご連絡などを目的として、取得した個人情報を利用させていただくことがあります。当社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ずに第三者に提供することはありません。ただし、上記利用目的の範囲においてお客様の個人情報を弊社と個人情報取扱いについて契約のある委託業者が閲覧することがございます。 プライバシー・ステートメントの詳細につきましては、以下のリンクをご確認いただきますようお願いいたします。

プライバシー・ステートメント