取引禁止対象者と KYC スクリーニング

Screening Resolution Service

当社の KYC およびサード・パーティ・スクリーニング・サービスは、あらゆる顧客身元確認プログラムにおいて確実な一致と可能性のある一致を特定し、重要危険人物と組織を検出します。

A man walks inside the Athens' stock exchange in Athens April 28, 2010.
REUTERS/Yiorgos Karahalis

法令に準拠した KYC およびサード・パーティー・リスク・プログラムの導入

世界中に拠点を置く企業は、効果的な内部統制手続きを導入する必要があります。これにより、幅広い法的要件を確実に遵守し、顧客オンボーディング、スクリーニングおよび監視プロセスにおいてリスク・エクスポージャーを低減することができます。

サプライ・チェーン、取引先、ジョイント・ベンチャー、買収ターゲットは特に、未知のリスクを組織にもたらす可能性があります。無知はもはや抗弁とはなり得ません。今日のビジネス・ペースにかかわらず、組織の経営幹部は、取引先と法的要件について把握することが求められています。

組織に代わってスクリーニング・デューデリジェンスを実施するために、トムソン・ロイターの他の優れた製品や情報を活用する Thomson Reuters Screening Resolution Service (トムソン・ロイター スクリーニング・レゾリューション・サービス) を利用することで、コンプライアンスの全体的なコストを削減できるとともに、各部門は削減された時間で、規制変更の追跡、導入など、他の重要な活動に専念できるようになります。

法人向けサービス企業と金融サービス企業にとっての利点

Thomson Reuters Screening Resolution Service を利用することで、組織は次のことが可能になります。

  • 時間的制約のある重要な入札シナリオで競争上の優位を獲得する
  • 全体的な運用コストを削減する
  • 規制当局に完全な監査証跡を提示する
  • 規制遵守を改善する
  • 事前対応的手法を採用してリスクの変化を特定する
  • 財務リスクおよびレピュテーション・リスクを低減する

詳細のお問合せ

送信前に必須項目を全てご記入ください。

トムソン・ロイターは、当社が主催/共催、または出展/協賛するイベントのご案内、当社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び当社営業部門、マーケティングサービス会社からのご連絡などを目的として、取得した個人情報を利用させていただくことがあります。当社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ずに第三者に提供することはありません。ただし、上記利用目的の範囲においてお客様の個人情報を弊社と個人情報取扱いについて契約のある委託業者が閲覧することがございます。 プライバシー・ステートメントの詳細につきましては、以下のリンクをご確認いただきますようお願いいたします。

プライバシー・ステートメント