ビジネスの変化に対応し、リスクをコントロール

Risk Management

全体的な視点からリスクを把握しつつ、お客様固有のリスク管理方法に対応する柔軟性の高いソリューションを通じて、リスク管理を競合上優位点に転換します。

Risk Management (6:15)(英語)

統制自己評価の実施

Thomson Reuters Risk Management (トムソン・ロイター リスク・マネジメント) は、Connected Risk プラットフォーム上で利用できるソリューションです。このソリューションでは、お客様固有のリスク管理方法に柔軟に対応したリスク評価エンジンを活用します。本ソリューションは、高機能なデータ・マッピング機能を備え、リスク管理評価の際に多くのデータ・ソースを利用します。複数のリスク特性プロファイルの履歴を完全にトラッキングできる上、既存のリスク・ソリューションを活用・統合し、リスクの全体像を把握することができます。

このリスク管理ソリューションは、企業全体にわたるさまざまなリスク・ソースを迅速に特定、把握、管理、軽減するためのツールとなります。

リスク・アペタイトとレポートの管理

データ構造内のいずれのポイントでも、リスク・アペタイトを特定・追跡することができます。 これにより、さらに動的なリスク・プロファイルを確認し、複数の部門とプロセスにわたってリスクに対する感度の変化を把握できます。

リスク受容に対する違反は、関連アラートとともに報告されます。 照合されたリスク情報はすべて、統合型レポート作成エンジンによって明示され、レポート、チャート、ヒート・マップ等を組み合わせて構成することが可能です。これを高機能なデータ・マッピング機能と組み合わせ、お客様固有のリスク管理方法と理念に合致するリスク管理ソリューションをカスタマイズできます。

柔軟なデータ・モデルを有効活用

リスク情報ソースが増加すると、柔軟性の高いデータ・モデルが必要となります。 Thomson Reuters Risk Management では、サード・パーティーのシステムとの統合によって多様なデータ・ソースを利用でき、ユーザーは双方のサービスの長所を享受できます。ローカル環境での分類を維持しつつ、レポートは全社共通の分類によって作成できます。

詳細のお問合せ

送信前に必須項目を全てご記入ください。

トムソン・ロイターは、当社が主催/共催、または出展/協賛するイベントのご案内、当社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び当社営業部門、マーケティングサービス会社からのご連絡などを目的として、取得した個人情報を利用させていただくことがあります。当社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ずに第三者に提供することはありません。ただし、上記利用目的の範囲においてお客様の個人情報を弊社と個人情報取扱いについて契約のある委託業者が閲覧することがございます。 プライバシー・ステートメントの詳細につきましては、以下のリンクをご確認いただきますようお願いいたします。

プライバシー・ステートメント