堅牢なガバナンス・フレームワークに基づく Model Risk Management

Model Risk Management

モデル・ガバナンスの堅牢で明解な全体的フレームワークを、社内外のステークホルダーに明示できます。グローバルな規制要件に対しても、きわめて柔軟な対応が可能です。

Thomson Reuters Connected Risk – Model Risk Management (3:36)(英語)

規律のとれたモデル・ガバナンス手順を推進

Thomson Reuters Model Risk Management (トムソン・ロイター モデル・リスク・マネジメント) は、Connected Risk プラットフォーム上のソリューションであり、シンプルながらも高機能なワークフロー・エンジンを備えています。モデル変更に対するチームの承認・拒否に関する明解な証跡を把握し、モデル・ガバナンスを促進します。 このソリューションでは、課題管理が自動化され、明解な監査証跡を利用できます。また、重要なエビデンスは保管され、重複が除去されます。

さらに、モデル・リスク管理とレポート作成のすべてを 1 か所に集約し、重要情報すべてを管理できます。

規制当局、委員会、複数のリスク管理部門にリアルタイムで報告を行い、持続的なモデル・リスク管理を実現

ガバナンス状況、承認システム、付属報告書、関連課題に関する報告を単一のプラットフォーム・ソースから実施。モデル・リスクの状態をリアルタイムで把握・明示します。

既存モデルと新モデルを簡単かつ効率的にオンボーディング

柔軟で拡張性の高いデータ・モデルを活用し、新たなモデル・タイプを本プラットフォームに段階的に追加することができます。当社の統合化されたレポート作成機能により、これらの情報をインベントリ全域にわたって関連部門別に分類できます。

基礎となっている多層セキュリティ・モデルにより、セキュリティ確保のための適正なアクセス権が維持されます。また、さらなる保証として、関連情報すべてが記録され、しかるべき担当者はこれらの関連情報を確認できます。

詳細のお問合せ

送信前に必須項目を全てご記入ください。

トムソン・ロイターは、当社が主催/共催、または出展/協賛するイベントのご案内、当社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び当社営業部門、マーケティングサービス会社からのご連絡などを目的として、取得した個人情報を利用させていただくことがあります。当社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ずに第三者に提供することはありません。ただし、上記利用目的の範囲においてお客様の個人情報を弊社と個人情報取扱いについて契約のある委託業者が閲覧することがございます。 プライバシー・ステートメントの詳細につきましては、以下のリンクをご確認いただきますようお願いいたします。

プライバシー・ステートメント