KYC コンプライアンス

KYC as a Service

KYC as a Service は、顧客の身元確認、検証、スクリーニング、モニタリングを網羅するエンドツーエンドのサービスです。オンボーディング、修正、更新作業の迅速化を図り、KYCコンプライアンスとデューデリジェンス文書の配信を効率化するインタラクティブなプラットフォームをベースとして構築されています。

How is KYC evolving in the future? (2:34)(英語)

KYC コンプライアンスの基準を確立

絶え間なく変化し、ますます複雑になる規制環境の中で、トムソン・ロイターは世界の大手銀行や投資マネージャーに最適なソリューションを提供しています。情報に基づく KYC およびオンボーディングの判断を支援し、お客様とその取引先にとってよりサステナビリティが高く、確かな規制環境を構築できるようにサポートします。

35 万件の KYC レコード、動的に管理された 125 万件の法人プロフィール、700 万件の法人データベース。トムソン・ロイターが誇るこれらのアセットに加え、独自の自動モニタリング機能やグローバルな KYC ポリシーにより、KYC コンプライアンス・ソリューションの確固たる基準を確立しています。

オンボーディングの時間とコストを削減

オンボーディングと取引先デューデリジェンス (CDD) プロセスの管理は、金融機関やその取引先にとってますます時間のかかる作業になっており、必要人員の確保や技術インフラの整備、取引の遅れによる機会損失など、コスト面への影響もあります。

トムソン・ロイターは、クラス最高のリスク・ソリューションを統合し、エンドツーエンドのマネージド・サービスを構築することで、オンボーディングや修正プロセスに関連する複雑さと業務負担を軽減します。金融機関とその取引先が迅速に業務を遂行できるように支援するとともに、取引先とのタッチ・ポイントを最小限に抑えてオンボーディング業務を改善します。

規制遵守を強化する

KYC サービスの利点:

  • 包括的なリスクベース KYC ポリシー - 規制当局や全世界 100 社以上の金融機関でのストレス・テストを実施済み
  • 実績のある運用で、最高品質の情報を提供
  • 最終的な受益者 (UBO) を特定
  • 法人のスクリーニングで危険信号を特定
  • 権威ある情報源から 200 か国、60 言語以上の法人文書を取得
  • 顧客の KYC プロフィールの変化を検知するための継続的なスクリーニングと監視を統合して提供する唯一のサービス

KYC as a Service の法人プロフィール・レポートと統合された Thomson Reuters Permanent Identifier (Perm ID) は、金融機関が、個人、法人およびその保有銘柄間に存在するおびただしい数の複雑な関係を詳細に解明することを可能にします。情報のバーコードに類似した Perm ID は、企業が顧客に関するインサイトを獲得し、リスク・エクスポージャーを低減するための透明性の向上を促進します。

トムソン・ロイターを通じて、お客様は、業務の効率化、コンプライアンスの向上、コスト削減と、絶えず変化する規制遵守要求を満たす企業文化の促進に必要な信頼できる答えを得ることができます。

取引先の満足度も改善

トムソン・ロイターが最近実施したグローバルな KYC 調査では、37% の企業が、銀行から求められる KYC 書類に共通の基準が存在しないことが最大の問題であると感じていると述べています。重複作業を排除することで顧客満足度を改善するとともに、増え続ける KYC デューデリジェンスの要求に対応するための関連コストの増大を抑えます。

KYC as Service の文書交換機能は、安全なシングル・インターフェースにより、顧客のコスト負担なしで、顧客デューデリジェンス文書の管理と配信を効率化、簡素化します。使いやすい管理プラットフォームから、市場参加者が文書を効果的に管理でき、幅広い規制への対応、情報閲覧者の制御を実現します。      

 

詳細のお問合せ

送信前に必須項目を全てご記入ください。

トムソン・ロイターは、当社が主催/共催、または出展/協賛するイベントのご案内、当社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び当社営業部門、マーケティングサービス会社からのご連絡などを目的として、取得した個人情報を利用させていただくことがあります。当社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ずに第三者に提供することはありません。ただし、上記利用目的の範囲においてお客様の個人情報を弊社と個人情報取扱いについて契約のある委託業者が閲覧することがございます。 プライバシー・ステートメントの詳細につきましては、以下のリンクをご確認いただきますようお願いいたします。

プライバシー・ステートメント