Enhanced Due Diligence のレポート

Enhanced Due Diligence

Essential Enhanced Due Diligence レポートによって、あらゆる組織や個人に関する詳細な健全性チェックと高度なバックグラウンド調査が可能になります。

トムソン・ロイター Enhanced Due Diligence レポート(EDD) (2:20)

強化、簡素化、保護

高リスクの取引先のオンボーディングでの風評被害を軽減、回避するために世界中の組織が、Enhanced Due Diligence (EDD) を活用しています。取引先デューデリジェンスの手順と方針は、取引先のリスク・エクスポージャーとマネーロンダリング・リスクに応じて強化しなくてはなりません。。Enhanced Due Diligence のレポートは、ベスト・プラクティスやリスクベースのアプローチを形成するだけでなく、マネーロンダリング対策、KYC (顧客確認) コンプライアンス、オンボーディング・ライフサイクルで、必要なすべての規制要件を満たすことができる重要なフレームワークも提供します。トムソン・ロイターの包括的なレポートは、World-Check のリスク・インテリジェンスを活用し、詳細、慎重かつ倫理的なビジネス・インテリジェンスを提供します。

1 つの製品、複数の用途

デューデリジェンス・レポートは、変化が早く、グローバル化が進んだ今日のビジネス環境下では、きわめて重要な役割を担っています。また、リスクの増大を抑制するには、バックグラウンド調査や健全性チェックが必要です。

当社のアナリストは、取引前デューデリジェンスを含む実績あるデューデリジェンス手法を用いて、オープン・ソース、サブスクリプションベースのサービスおよび公的記録・文書から適切な情報を収集する訓練を受けています。

当社は厳格なデューデリジェンス・リサーチ・ガイドラインを遵守しており、ニューヨークの上場企業として、当社の手続きには、1977 年米国海外腐敗行為防止法 (FCPA) を含む米国の法律が適用されます。

リサーチ・センターを拠点とするリスク評価チームを世界各地に配備し、すべての主要言語のネイティブ・スピーカーを雇用しています。

通常、当社の Enhanced Due Diligence レポートは以下のような用途で利用されています。

  • サード・パーティー・リスクの評価
  • M&A やジョイント・ベンチャーの実行前
  • 自動リスク情報スクリーニングでリスクが明らかになったとき
  • 投資移民または経済市民権制度
  • 富裕層または有名人の顧客のオンボーディング
  • 総合的なコンプライアンス・プログラムの主要な構成要素として
  • 販売代理店、サプライ・チェーン、仲介業者、多国籍企業のスクリーニング
  • リスク評価リソースに余裕がない場合に、既存のコンプライアンス・プロセスを強化するため
  • 重要な公的地位を有する人物、贈収賄、汚職、労働慣行、金融犯罪のスクリーニング
  • 地政学的リスク情報分析によって取引または個人が高リスクの法域や国とつながりがあることが判明した場合

詳細のお問合せ

送信前に必須項目を全てご記入ください。

トムソン・ロイターは、当社が主催/共催、または出展/協賛するイベントのご案内、当社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び当社営業部門、マーケティングサービス会社からのご連絡などを目的として、取得した個人情報を利用させていただくことがあります。当社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ずに第三者に提供することはありません。ただし、上記利用目的の範囲においてお客様の個人情報を弊社と個人情報取扱いについて契約のある委託業者が閲覧することがございます。 プライバシー・ステートメントの詳細につきましては、以下のリンクをご確認いただきますようお願いいたします。

プライバシー・ステートメント