カントリー・リスクのランク付けにより所在地ベースのリスクを軽減

Country Risk Ranking

正確かつ最新のカントリー・リスク・ランキングと法域リスクの評価に基づいてビジネス上の意思決定をすることで、規制当局を満足させ、グローバルな倫理基準を遵守することもできます。

より効果的に所在地ベースのリスクを管理

金融部門と企業向けサービス部門における、所在地ベースのリスクを低減するため、Country Risk Ranking では、240 以上の国と地域をカバーする詳細なリスクベースの情報を、犯罪、経済、政治的要因に分けて提供しています。

Country Risk Ranking を利用することで、正確かつ最新のエクスポージャーを把握することができるため、十分な情報に基づく意思決定を行い、より効率的にリスクベース手法を管理する体制を整えることができるのと同時に、KYC とサード・パーティー・リスクに関する規制要件を満たすこともできます。   

サード・パーティー・リスクの効果的なスクリーニング

グローバルなサプライ・チェーンを持つ組織は、米国海外腐敗行為防止法 (FCPA) や英国贈収賄防止法のほか、新しい英国現代奴隷法など、厳格な汚職防止法の適用対象となります。

カントリー・リスク・インテリジェンスは、サプライ・チェーンにおける所在地ベースのリスクを低減する上で重要なツールとなり、動向や規制の完全な把握を支援することができます。

Country Risk Ranking は、World-Check アプリケーションと完全に統合されています。この強力なソリューションにより、World-Check のリスク・インテリジェンスに照らしたスクリーニングと、所在地ベースのリスクの定期点検が、すべて同じシステム内で実行できます。

所在地ベースの PEP スクリーニング

KYC スクリーニングで注意喚起された重要な公的地位を有する者 (PEP) について、所在地ベースのリスクの可能性を確認します。プレミアム・サブスクリプションをご利用のお客様は、動的データファイル・ダウンロード・オプションの 1 つとして、PEP フィルターを利用することができます。 

 

詳細のお問合せ

送信前に必須項目を全てご記入ください。

トムソン・ロイターは、当社が主催/共催、または出展/協賛するイベントのご案内、当社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び当社営業部門、マーケティングサービス会社からのご連絡などを目的として、取得した個人情報を利用させていただくことがあります。当社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ずに第三者に提供することはありません。ただし、上記利用目的の範囲においてお客様の個人情報を弊社と個人情報取扱いについて契約のある委託業者が閲覧することがございます。 プライバシー・ステートメントの詳細につきましては、以下のリンクをご確認いただきますようお願いいたします。

プライバシー・ステートメント