connected-risk-screen2

次世代 GRC へようこそ

Connected Risk

多様なソースからの社外情報と社内情報とを連携させ、重要リスクの全体像を把握できます。

お問合せ

トムソン・ロイターのファイナンシャル&リスク部門は、「Refinitiv」に生まれ変わりました。

Refinitivについて

トムソン・ロイターが所有するすべての名称や商標(Thomson/トムソン、Reuters/ロイターおよびKinesisロゴを含む)は、トムソン・ロイターおよびその関連会社からライセンス許諾を受けて使用されています。

 

20,000 人以上

の専門家の保証業務を支援

 

 

800 以上

の規制当局 (全世界)

 

 

CODiE アワード 2017

受賞

 

重要リスクの明確化

Connected Risk (コネクテッド・リスク) は、ガバナンスとコンプライアンスを管理する優れたソフトウェア・プラットフォームです。リスクを全社的視点から把握し、リスク管理を最適化することができます。

データ・フォーマットに関係なく、さまざまなソースからのデータを活用し、リスクの全体像を把握できます。高度なマッピング機能によってデータに優先度を設定し、タグ、ストラクチャ、チャート、分類システムによって、これらの情報を分かりやすい形で利用できます。

ニーズに合わせてカスタマイズされたダッシュボード上では、すべてのリスク・データを特定のユース・ケースと全社的水準の両面から確認することができます。

お客様のニーズに対応

市販のシステムを既存のリスク・プロセスやレポーティング基準に適用させる場合、通常は制限が生じますが、Connected Risk ではこうした制限を気にする必要がありません。

Connected Risk では、緊急リスクへの対処に必要な情報を利用できます。リスク・プロファイルの全体像を把握し、優れた意思決定を容易かつ効率的に行うことができます。

コネクト

当社の新しいプラットフォームでは、増加し続けるデータを処理することが可能です。相互接続型のソリューションにより、標準的かつカスタマイズ可能な自動化プロセスを利用できます。

トムソン・ロイターの相互接続型ソリューション・パッケージを利用すれば、リスク管理全域をカバーし、リスク管理、監査、コンプライアンス、規制変更、モデル・リスク管理など、リスク管理全域をカバーできます。

カスタマイズ

本プラットフォームでは、各企業に固有の要件に基づき、ソリューションをカスタマイズできます。

即座に利用可能なコンフィギュレーター・ツールによって、ソリューションをカスタマイズし、特定のニーズに対応できます。

統合

コンフィギュレーター・ツールで導入・保守コストを削減し、プラットフォーム上の相互接続型ソリューションを、現行のソリューションやプロセスと連携させることができます。

カバレッジのギャップを埋めることで費用を削減し、不適当なシステムを入れ替え、正確で完全なリスク・プロファイルを把握することができます。

Connected Risk の利点

ユーザーの役職にかかわらず、当社の相互接続型ソリューションは、企業全域にわたるリスクを特定、評価、管理、そしてモニタリングするのに有効です。

統合リスク管理ソリューション Connected Risk

Connected Risk では、緊急リスクへの対処に必要な情報を利用できます。リスク・プロファイルの全体像を提示できるのは、Connected Risk だけです。

当社のあらゆる相互接続型ソリューションをこのプラットフォームに接続することができます。これにより、分野全体におけるリスクの全体像を俯瞰的に見ることができます。

Connected Risk では、あらゆるレベルのあらゆるデータに即座にアクセスできます。総合的なダッシュボード・ビューで重要なポイントを見極めてから、詳細レベルまでドリルダウンすることにより、意思決定に十分な情報を入手できます。

監査担当者向けの機能

当社のソリューションでは、日々進化している監査の役割を考慮しています。つまり、監査サイクル内における方針変更がもはや当たり前になっていること、また、ビジネスの変化の大きいこの時代、年次監査計画の立案・遵守という従来のアプローチは、もはや妥当とは言えなくなっていることが考慮されています。

  • 柔軟性の高いリスク評価機能
  • 迅速な監査プランニング
  • 既存のシステムを活用し、企業内リスク・データの価値を最大化させつつ、監査執行を効率化

コンプライアンス責任者向けの機能

当社の柔軟性の高いソリューションは、効率的なコンプライアンス・フレームワークの構築を通じて指針を提示します。このフレームワークにより、会社全体にわたるコンプライアンス・リスクを特定、評価、報告できます。

さらに、設定したコントロールの制限内での業務運営を徹底することができます。

  • 規制変更の影響を追跡、管理
  • 各規制変更が企業に与える潜在的影響を迅速かつ容易に評価し、行うべき業務に集中
  • 規制変更を企業に適用し、コンプライアンス・チームが迅速かつ正確に規制変更に対処できるよう支援

リスク・マネージャー向けの機能

当社の柔軟性の高い Risk Management ソリューションは、意思決定をサポートするデータの信頼性と完全性を高めます。

Risk Management は、お客様のユニークな方法やプロセスに適応し、業務の効率化を推進します。お客様がリスクを完全に把握し、自信を持ってビジネスの変化やリスクに対応できるよう支援します。

  • 高機能なワークフロー・エンジンによってモデル・インベントリを管理
  • 課題を特定し、解決するまで追跡
  • 柔軟なデータ・マッピング機能と統合型レポート作成機能で規制要件に対応

その他専門家向けの機能

さまざまな専門家の方が Connected Risk を有効活用できます。

次世代リスク管理ソフトウェア・プラットフォームの Connected Risk は、お客様の企業内での役割に伴うリスクに関して、信頼性の高い情報を提供します。

  • ワークフローを効率化し、ビジネス・ニーズに適応
  • リスク・データの詳細レベルまでドリルダウン
  • 外部コンテンツを容易に統合

Connected Risk

エンタープライズ・リスクをめぐるニーズの変化に対応

お問合せ