1. ホームページ
  2. プレスリリース
  3. トムソン・ロイター、Regulation Asia Awards for Excellence 2020で ベストソリューション賞などダブル受賞

12 15, 2020

トムソン・ロイター、Regulation Asia Awards for Excellence 2020でベストソリューション賞などダブル受賞

ベストソリューション賞とコンプライアンス・トレーニング・プロバイダー・オブ・ザ・イヤーに輝く

2020年12月15日 

トムソン・ロイター株式会社(住所:東京都港区、代表取締役:植木 謙 以下 トムソン・ロイター)は、アジア太平洋地域の各種規制への対応で優れた取り組みを行った企業などを表彰する Regulation Asia Awards for Excellence 2020において、同社のRegulatory Intelligence (TRRI) チームがBest Solution in Regulatory Change Management(規制変更管理におけるベストソリューション)とCompliance Training Provider of the Year(コンプライアンス・トレーニング・プロバイダ・オブ・ザ・イヤー)の2部門で受賞したと発表しました。

Best Solution in Regulatory Change Managementの受賞理由として、トムソン・ロイターの包括的な規制インテリジェンスが高く評価されました。トムソン・ロイターの金融規制データベース"Regulatory Intelligence"は、約1,200の規制機関をカバーしており、2019年だけでも56,000件以上のアラートがクライアントに配信されました。また、新型コロナウイルスの感染拡大の際には、スペシャルアップデートサービスや、リモートで勤務する従業員向けにオンライン教育のポータルサービスを提供しました。IBMなどとの提携により提供している規制情報分析、ワークフローソリューションについても、目まぐるしく変化する規制環境にあって、導入企業の対応を支援する非常に重要なツールであると認められています。

Compliance Training Provider of the Year部門では、コンプライアンスeラーニングについて、広範な分野のプロフェッショナルの専門知識に基づき設計されたコンテンツや、学習者のエンゲージメントに対するアプローチなどが評価され、受賞理由となりました。 

トムソン・ロイターのコンプライアンスeラーニングで提供される学習コースは、25カ国語以上の言語でサポートされており、実践的でインタラクティブ、カスタマイズ可能で、複数のプラットフォームで利用可能です。コースには、厳選されたケーススタディ、施行事例、ニュース記事、ビジネス関連のシナリオや事例が含まれており、関連性を実証し、理解を深め、知識の定着を促進します。

 

関連リソース

トムソン・ロイター リスク&コンプライアンス ソリューション

Thomson Reuters Recognised for Regulatory Change and Compliance Training Solutions

 

Regulation Asia(レギュレーション・アジア) について

Regulation Asiaは、アジア太平洋地域の市場を対象とした実用的な規制情報を提供するリーディング・ソースで、8,500以上の規制機関、取引所、銀行、資産運用会社、サービスプロバイダーなどに利用されています。Regulation Asia Awards for Excellenceは、アジア太平洋地域で変化し続ける複雑化する規制環境に対応した金融機関、テクノロジー企業、法律事務所、コンサルティング会社、取引所、その他のプレーヤーを、関連業界の専門家の審査により表彰するものです。

URL:https://www.regulationasia.com/

 

トムソン・ロイターについて
トムソン・ロイターはビジネスに有効な情報を“活用”できる形でお届けするリーディング企業です。タックス&アカウンティング(税務・会計)、法律×テクノロジー、国際貿易、リスク&コンプライアンス管理業務に携わる専門家のため、世界で最もグローバルなメディアサービスであるロイターの情報と組み合わせ、専門性の高い情報を提供しています。

 

 

本件に関するお問い合わせ先:
トムソン・ロイター株式会社
マーケティング 
Tel: 03-4520-1350
Email: marketingjp@thomsonreuters.com