日本円・タイバーツ、トムソン・ロイター マッチングに追加

日タイ当局の現地通貨の利用促進の取り組みを支援

2018年9月27日 

トムソン・ロイター・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長:富田秀夫、以下「トムソン・ロイター」)は本日、外国為替マッチング取引システムであるThomson Reuters Matching(以下「マッチング」)において日本円とタイバーツのクロス取引が可能になったと発表しました。

トムソン・ロイターは日本とタイを含む全世界のお客様に、銀行間でご利用いただいているセントラル・リミット・オーダーブック (CLOB) を通じて日本円・タイバーツのクロス取引をサポートします。トムソン・ロイターは、こうした取り組みが両通貨の直接取引の機会を創出し、市場参加者に効率性と流動性ならびに透明性をもたらすと確信しています。

財務省とタイ中央銀行は今年3月に両通貨の利用を協力して促進するための枠組み作りに関する協力覚書を締結しました。この取組には、円バーツの直接取引に関するレート表示や銀行間市場における取引の促進が含まれます。 両国の当局はこの取り組みが二国間金融協力を強化する重要な通過点だとみなしています。

財務省の武内良樹 国際局長は以下のように述べています。「財務省は、円の利便性向上を進めており、今回の取組みで、円とバーツの直接交換が出来るプラットフォームがつくられたことは、大きな意義があると考えています。

今後とも、円が使いやすい環境整備を進めていき、他のアジアの国との間でも同様の取組みを進めていくことで、アジアにおいて取引や決済などで円を使ってもらいたいと考えております。」

タイ銀行(中央銀行)のジャンタワン・スジャリックン副総裁(企業戦略・リレーション・グループ担当)は次のように語っています。「トムソン・ロイター マッチングで円・バーツが利用可能となるのはタイと日本の間で両通貨の利用促進をめぐる金融協力という点における新たな大きな節目となります。商業銀行はトムソン・ロイターを通じて円・バーツの通貨ペアを取引できるようになることで、他通貨に兌換することなく流動性を管理する柔軟性を高められることができます。これら銀行とその顧客の取引手数料の引き下げにつながります。タイ銀行はこうした取り組みが地域における現地通貨の利用促進において重要な一歩だと確信しています。」

トムソン・ロイターの富田秀夫は次のように述べています。「トムソン・ロイターは日本とタイにおいて長きにわたり活動し、有力な金融情報ベンダーとして両国で金融業界ならびに銀行界と密接に協力しています。円・バーツがトムソン・ロイター マッチングに加わることで、銀行間市場の効率性、流動性、透明性を新たな水準へと高め、流通市場の参加者すべてに恩恵をもたらすでしょう。」

1100 余りの企業が利用するマッチングは、80を超える通貨ペアのリアルタイムのレートへのアクセスを提供する電子取引が行える業界をリードするソリューションです。

以上

 

トムソン・ロイター ファイナンシャル・リスク部門の新名称は「Refinitiv(リフィニティブ)」となります。新名称はトムソン・ロイターとブラックストーンを中心とするプライベート・エクイティ・ファンドが締結した戦略的パートナーシップ正式発効時から利用されます。

 

トムソン・ロイターについて

トムソン・ロイターは企業と専門家に向けてニュース・情報を提供する企業グループです。顧客の皆様が信頼できる理解を得るために必要となる専門性、テクノロジー、情報を提供しています。トムソン・ロイターは100年以上の歴史と共に、世界100カ国以上で事業展開しています。トムソン・ロイターの株式は、トロント証券取引所およびニューヨーク証券取引所に上場されています。詳しい情報はwww.thomsonreuters.co.jp をご覧ください。

 

本件に関するお問い合わせ先:

藤森 英明

トムソン・ロイター・ジャパン株式会社
PR部門 
Tel: 03-6441-1504
Email: h.fujimori@thomsonreuters.com