トムソン・ロイター、データセンター新設により外国為替市場参加者の流動性アクセスを強化

ニューヨーク、ロンドン、東京の3拠点での外為取引サービスの拠点になるデータセンター稼働により、世界中の外国為替市場参加者の皆様へ、プライシング、市場アクセス、 ワークフローの向上を提供いたします。

2016年4月22日

(ニューヨーク、ロンドン発) 企業と専門家のために「インテリジェント情報」を提供するトムソ ン・ロイターは、ベスト・プライスや市場流動性への効率的なアクセスといった外国為替(以下 「外為」)のトレーダーの皆さまからのニーズにお応えし、このたび、市場参加者の皆さまが各市場からグローバルの流動性市場に接続出来るデータセンターをニューヨーク(NY4)、ロンドン (LD4)、東京(TY3)の世界 3 拠点における運用を開始いたします。

トムソン・ロイターでは現在、外為市場でご活躍される皆さまのニーズや取引高に応じた選択肢を提供しております。今後は各拠点からトムソン・ロイターの提供する世界中の外為の流動性へのアクセスが出来るようになると共に、ロケーションに関わらずロー・レイテンシーにより流動性へのアクセスが改善されます。今回のデータセンター新設により、トムソン・ロイターはロンドンと東京への継続的なストリーミングサービスを拡張し、欧州およびアジアの流動性供給者はローレイテンシーでお客様へのストリーミングリアルタイムクオートが可能になります。

“私どもは、この度のトムソン・ロイターによって成される進展により、アジア市場でのシームレスな流動性へのアクセスがローレイテンシーで行えることを歓迎しています。”とバンク・オブ・アメ リカ・メリルリンチ、FX E コマース グローバルヘッド、リアム・ハドソンは述べています。“各地域におけるデータセンターへの接続性はベストプライスへのアクセスを容易にさせ、その地域における外為の買い手と売り手の双方により良い取引を提供する一方で我々の顧客の皆さ まにより良いサービスが提供できます。”

“規制強化および市場の構造変化が外為業界の取引能力に対して影響を及ぼしている市場で流動性への最善のアクセスを保持することは重要です。”とトムソン・ロイター、FRCトレーディング グローバルヘッド、フィル・ワイズバーグは話しています。“弊社の顧客に対して、それぞれの地域の市場からグローバルな市場流動性への接続という選択肢を提供し、トムソン・ロイターは、堅牢なネットワークで事業継続を確保する一方で、よりよいプライスへのアクセス、効率的なワークフロー、またレイテンシーを改善することを可能にします。”

トムソン・ロイターが提供する外為の流動性は 120 カ国に渡る顧客の皆さまがすべての主要通貨を容易に取引することを可能にしています。数々の受賞歴を誇るトムソン・ロイターのプラットフォームは日時平均 3,5000 億ドル以上の取引を執行し、運用会社、銀行、事業会社の財務担当者およびヘッジファンドなど 2 万人以上のトレーダーの皆さまにご利用いただいており ます。

トムソン・ロイターの外為サービスに関する詳しい情報はこちらよりご確認いただけます。

以上

本稿は、2016年4月20日(GMT)の英文プレスリリースを翻訳したものです。正確な内容については、原文をご参 照ください。本稿と原文に相違がある場合には原文が優先します。 なお、英文プレスリリースは、トムソン・ロイターのウェブサイト(グローバル)、http://thomsonreuters.com よりご覧い ただけます。

トムソン・ロイターについて

トムソン・ロイターは企業と専門家に向けてニュース・情報を提供する企業グループです。顧客の皆様が信頼できる解を得るために必要となる専門性、テクノロジー、情報を提供しています。トムソン・ロイターは 100 年以上の歴史と共に、世界 100 か国以上の国で事業展開しています。トムソン・ロイターの株式は、トロント証券取引所およびニューヨーク証券取引所に上場されています。詳しい情報は http://thomsonreuters.com をご覧ください。

 

この件に関するお問い合わせ先

松島 由起子

トムソン・ロイター・マーケッツ株式会社
パブリック・リレーションズ
Tel: 03-6441-1617
Email: yukiko.matsushima@thomsonreuters.com