1. ホームページ
  2. Compliance Learning
  3. Japan Cost of compliance 2021

コンプライアンスラーニング

コスト・オブ・コンプライアンス レポート 2021

将来のビジョンを描く

将来のビジョンを描く~2021年の課題と変革に向けた指標~

概要

トムソン・ロイターは、今年で12回目となるコンプライアンスのコストに関する調査を実施しました。今年は特に金融関連企業のコンプライアンス部門が今後直面するであろう課題に焦点を当て、コンプライアンス担当者が置かれた現状を独自の見解を交えて解説するレポートになっています。

コロナ禍は金融関連企業とコンプライアンス担当にとって試練だけではなく、変化するチャンスも与えています。今こそこの好機を活用すべきでしょう。特にデジタルへの移行は会社の戦略に沿ったアプローチを基に行わなければならない喫緊の課題です。

まずは本レポートを入手し、現状把握から始めましょう。

企業文化に関する指標

  • 取締役会最大の課題
  • 企業文化・コンダクトに関する課題
  • コンプライアンスに関する課題

ハイライト

  • 78% が2021年に規制関連情報が増えると予測
  • 34% がコンプライアンス機能を外部に委託
  • 47% がコンプライアンス部門の人件費が増加すると予測
  • 62% がコンプライアンス部門のサイバーレジリエンスへの関与が増えると予測

無料ダウンロードはこちら

トムソン・ロイターまたはその関連会社(TR)のウェブサイト、モバイルアプリケーション(以下「アプリ」)を含むアプリケーション、製品、ソフトウェア、サービスを利用すること、またはその他の方法で当社にお客様(または他の人)の個人情報を提供することにより、お客様は当社の個人情報保護方針(https://www.thomsonreuters.com/ja/privacy-statement.html にも掲載されています。弊社の個人情報保護方針をご希望でしたら、こちらprivacy.issues@thomsonreuters.comまでメールにてご依頼ください。)に従って、当社がお客様の個人情報を収集、使用、開示することに同意したものとみなされます。当社の個人情報保護方針に同意しない場合は、当社のウェブサイト、製品、サービスの利用や個人情報の提供を行わないでください。