コンプライアンスラーニング

競争法・下請法

下請法・競争法コンプライアンスコースとレギュラトリーインテリジェンスで、組織のコンプライアンスリスク、深刻な財務リスクと風評リスクを回避

コースの特徴

トレーニングコースはコンプライアンスラーニングの専門家によって設計され、取り扱う各種規制情報はグローバルに網羅されています

希望のタイミングで

停止、一時停止、中断したところから再開可能

学びの促進

デジタルとゲーム化で学びを促進

評価

評価ベースのラーニングコース

カスタマイズ可能

ガバナンス、リスク、コンプライアンスに関するあらゆるトピックについて、お客様の仕様に合わせたコースをカスタマイズ可能

モバイル対応

いつでもどこでも、すぐに講座にアクセス可能。AppleやAndroidの端末、モバイルやタブレットでコースにアクセスできます。オフラインで受講したコースは、オンラインに戻ると進捗が記録され、同期されます。

下請法・コースの詳細

規制当局にとって重要である理由

請負業者が、かなり小規模の下請業者に対して業務を委託する際、経済力の違いのために契約条件が不公正となることがあり、とくに支払条件にその傾向が強く出ます。これを踏まえ、日本の下請法は、下請代金の支払いの遅延を防止することなどにより、請負業者と下請業者間の取引がより公平なものとなるようにしています。また本法は、下請業者を迅速かつ効果的に保護することを目的に、特定の行為を違法であると明確に指定しています。請負業者は、小規模の下請業者に業務を委託する際に本法に従わない場合、罰則の対象となります。これらの罰則を回避するために、各企業とその従業員は下請法を理解し、これを遵守することが重要です。


学習の目的

  • 下請法の重要な側面を列挙すること
  • 本法の範囲を記述すること
  • 本法の要求事項および禁止事項を列挙すること
  • 本法に違反した際の罰則を列挙すること

目次

• はじめに

• 本法の範囲および適用範囲

• 請負業者の義務

• 禁止される行為

• 罰則

コースへのアクセス性

アクセス性とはプラットフォームや学習コースをより多くの人が使えるようにすることです。身体的・認知的な障害の有無にかかわらず、ユーザーにとって包括的な体験を保証することです。トムソン・ロイターはデジタルアクセス性とアクセス可能な学習コースをご提供しています。

競争法・コースの詳細

規制当局にとって重要である理由

米国、カナダ、EUなど、世界中で多数の国が競争法を制定しており、価格操作、談合、集団ボイコット、市場や顧客の割当ての合意などの不公正な手段を用いて企業が競争を制限することを違法としています。これらの法律は、市場の競争が維持されるよう確保し、消費者を不公正な事業慣行から保護することを目的としています。自由かつ公正な競争の存在により、消費者に対して最高品質のモノやサービスがより低価格で提供されます。企業が反競争的な戦略を用いることを認められてしまうと、健全な競争は存在しなくなり、市場は歪められてしまいます。 競争法を遵守しないと厳しい金銭的な罰則が課されることとなり、企業の評判が損なわれ、また関与した個人に対して刑事上および民事上の制裁が課されることとなります。企業は、全従業員に、競争法が日常業務にどのように影響するのか、また競争違反の恐れがある状況の認識方法、これに対する対処方法を理解させることで、このような多大な費用を要する執行を回避することができます。


学習の目的

  • 競争法の重要性を議論すること
  • 競争法が禁止する慣行の要点を述べること
  • 関連する競争当局の権限を列挙すること
  • 競争法違反に関連する罰則について要約すること
  • 競争法上の責任を特定すること

目次

  • 序論および背景
  • 取引の制限
  • 支配力の濫用
  • その他規制に関する考慮事項
  • 結論
  • 理解度のテスト

コンプライアンスの主要テーマ

アンチマネーロンダリング

データプライバシー・サイバーセキュリティ


贈収賄・腐敗行為防止

差別とハラスメント

コンプライアンスコースリスト

アンチマネーロンダリング、贈収賄・腐敗防止、行動規範、情報セキュリティ、サイバーリスクなど、人気の高いオンラインコースをご覧ください

レギュラトリーインテリジェンス

トムソン・ロイターのレギュラトリーインテリジェンスソリューションは絶えず変化する規制の状況に対応するお手伝いを致します

コンプライアンスラーニング

企業全体のコンプライアンスを推進し、従業員の意識を高め、コンプライアンスリスクの軽減につながるうえ、事務局の負担も軽減できます