コンプライアンスラーニング

利益相反

利益相反は、従業員の個人的な利益と企業の専門的な利益が相反する場合に起こります。コンプライアンス・ラーニングのコースで、コンプライアンス文化を構築し、深刻な風評被害や財務リスクを回避しましょう。

利益相反コース

01:50

利益相反コース概要

私たちはしばしば、実際の、または潜在的な、あるいは認識されている利益相反が存在する状況に遭遇します。なぜ利益相反を管理する必要があるのでしょうか?ハイリスクビジネスを避けることでビジネスの信用や信頼の喪失を防ぎ、訴訟・強制執行を防ぐためです。このコースは、金融サービス企業向けに特別に作成されており、対象を絞って学習効果を高めています。

コースの特徴

トレーニングコースはコンプライアンスラーニングの専門家によって設計され、取り扱う各種規制情報はグローバルに網羅されています

希望のタイミングで

停止、一時停止、中断したところから再開可能

学びの促進

デジタルとゲーム化で学びを促進

評価

評価ベースのラーニングコース

カスタマイズ可能

ガバナンス、リスク、コンプライアンスに関するあらゆるトピックについて、お客様の仕様に合わせたコースをカスタマイズ可能

モバイル対応

いつでもどこでも、すぐに講座にアクセス可能。AppleやAndroidの端末、モバイルやタブレットでコースにアクセスできます。オフラインで受講したコースは、オンラインに戻ると進捗が記録され、同期されます。

コースへのアクセス性

アクセス性とはプラットフォームや学習コースをより多くの人が使えるようにすることです。身体的・認知的な障害の有無にかかわらず、ユーザーにとって包括的な体験を保証することです。トムソン・ロイターはデジタルアクセス性とアクセス可能な学習コースをご提供しています。

コースの詳細

利益相反

このコースでは、利益相反とは何かを理解し、利益相反を特定するための意思決定のシナリオを設定し、同時に各地域の主要な規制情報をご提供します。このコースには、金融サービス企業に特化した事例が含まれているため、的を絞ったより高度な学習が可能です。


ユーザーエクスペリエンス

コースはインタラクティブで興味深く、AIを活用した学習体験を提供しています。身近で魅力的なものとなるよう設計されています


学習の目的

  • 利益相反の可能性がある状況を特定する
  • 実際の利益相反、または潜在的な利益相反に対処するための手段を講じる
  • 利益相反を回避するためのシナリオの特定とその管理をする
  • 各地域の規制の枠組みを知る

実例紹介

実際の利益相反の事例で学習可能です。規制当局が違反の際に何を重視するかを理解するために、各地域のフレームワークを提供しています。

コンプライアンスの主要テーマ

アンチマネーロンダリング

データプライバシー・サイバーセキュリティ


贈収賄・腐敗行為防止

差別とハラスメント

コンプライアンスコースリスト

アンチマネーロンダリング、贈収賄・腐敗防止、行動規範、情報セキュリティ、サイバーリスクなど、人気の高いオンラインコースをご覧ください

レギュラトリーインテリジェンス

トムソン・ロイターのレギュラトリーインテリジェンスソリューションは絶えず変化する規制の状況に対応するお手伝いを致します

コンプライアンスラーニング

企業全体のコンプライアンスを推進し、従業員の意識を高め、コンプライアンスリスクの軽減につながるうえ、事務局の負担も軽減できます