透明性、独立性、正確性を兼ね備えたバリュエーション手法

評価価格データ

独立性があり、完全準拠のグローバルなソースを使用した、評価価格のバリュエーション手法を活用できます。これにより、日中および取引終了時について、完全なティック・データのプライシング・フィードを取得できます。

お問合せ

概要

プライシング・データとは、取引済み、提供済み、評価済みのすべての金融資産データを意味します。金融市場参加者が使用するコモディティ、デリバティブ、株式、債券、外国為替、ファンド、インデックス、ローンなどが該当します。投資がますます複雑になり、ポートフォリオの多様化が進む中で、市場ボラリティが高まり、規制も厳しくなっています。このため、評価価格が重要なビジネス要件になりつつあります。

日々、Thomson Reuters Pricing Service (TRPS) は、世界中の数千に及ぶ金融機関に対して、透明性、正確性、独立性を兼ね備えたバリュエーション手法を通じて、プライス・レシピ、該当するマーケット・カラー、その他の関連データ・セットを提供しています。

メリット

Thomson Reuters Pricing Service (TRPS) は、260 万超の債券とデリバティブをカバーしています。

トムソン・ロイターのバリュエーション手法は、ポートフォリオの正確な評価、リスク管理、規制遵守、取引ワークフローの強化に役立つように作られています。資産管理者、投資信託、保管銀行、資金管理者、投資銀行、会計事務所、金融リサーチ・プロバイダーに対して、細部にわたる透明性と市場へのインサイトを提供します。

このバリュエーション手法は、全世界 175 人以上の評価者がサポートしています。現地の知識をグローバルにカバーし、あらゆる評価で一貫した透明性の高い価格を適用できます。

評価価格データ

透明性、独立性、正確性を兼ね備えたバリュエーション手法

お問合せ