マーケット・データ分析

Velocity Analytics

Thomson Reuters Velocity Analytics(トムソン・ロイター ヴェロシティー・アナリティクス) は、トムソン・ロイターの金融およびリスク・コンテンツと、業界でもっとも堅牢なコンピューティングと分析プラットフォームである Kx を組み合わせた高性能なマーケット・データ分析プラットフォームです。

現在利用できるもっとも分かりやすく、詳細で効果的なリアルタイム・マーケット・データ分析システムです。

プラットフォームに入力されたデータは、ロー・レイテンシー、インメモリで高速に逐次処理されます。

Velocity Analytics では、リアルタイム・データと過去のティック・データを利用可能で、一次データを独自の実用的なインサイトに変換する新しい高機能なツールも用意されています。

 

お問合せ

Velocity Analytics 8 のメリット

  • 簡略化された API で接続が容易に
  • データ統合が容易で、総所有コスト (TCO) の削減に貢献
  • フロント・オフィスと規制分析構築のためのコンテンツへのシームレスなアクセス
  • ストリーミングとインメモリ分析による効率性と拡張性の向上
  • 高速なサーバーサイド分析ツールの開発者を支援

簡略化されたデータ管理

Velocity Analytics は拡張性に優れ柔軟性が高く、CEP スタイルやリアルタイム分析から幅広い過去のデータ算出まですべてに対応しています。

あらゆるソースからコンテンツを取り込むことができ、データ管理の手間は最小限に抑えながら、データの品質を維持し、強固な権限管理機能も備えています。

データ・ソースとして、以下のようなトムソン・ロイターの豊富なデータ・レポジトリを利用できます。:

  • 過去のティック・データ – 500 を超えるソースから得たティック毎データと、最大 20 年分のさまざまなアセット・クラスの過去データ
  • コーポレート・アクション – 97 か国以上の 200 を超える証券取引所に上場する 94,000 社超の企業情報
  • 取引メタデータ、コンディション・コード、直接フィード
  • サード・パーティーのデータ・ソース – 証券取引所、ブローカー、マーケット・データ・ベンダーなど
  • 独自の企業データ

60 を超えるコア分析

Velocity Analytics では、以下を含む、取引ワークフロー全般を網羅する 60 を超える分析がすぐに利用できます。

  • マーケット・インパクト予測
  • 外れ値分析
  • 取引執行アルゴリズム
  • パフォーマンスとリアルタイムのベンチマークとの比較
  • Transaction Cost Analysis (TCA)
  • 執行ベニュー分析
  • MiFID II に準拠する最良執行のモニタリングと報告
  • 組織的内部執行業者の決定

カスタム分析の開発

Velocity Analytics では、開発者向けの機能を強化し、独自機能の構築が可能です。

  • 最適化されたスクリプト言語を利用可能。豊富なサンプル・コードも用意
  • 効率的なビッグデータ処理
  • その他のプログラミング環境への豊富なインターフェイス
  • スピード向上のためコンテンツの近くで計算を実行

Thomson Reuters Velocity Analytics で得られるメリット

コードの修正や新規作成に費やす時間を減らし、リスクを軽減しアルファをけん引する価値の高い業務時間を増やすことができます。

  • リアルタイムのプレ・トレード分析
  • Dマーケット・メイキングの取引戦略の構築とバックテスト
  • リアルタイムの市場モニタリング実施と規制遵守の確認
  • リアルタイムの取引費用モデル構築による執行費用の抑制
  • MiFID II とそれに関連する無数の報告要件とモニタリング要件を含む、現行および今後適用される規制の遵守
  • 最良執行義務の徹底 (モニタリングと報告)

Velocity Analytics

単一プラットフォームでパワフルなマーケット・データ分析と管理

お問合せ