世界経済予測

将来を予測する経済指標

幅広い信頼感指数や世界経済予測により、お客様の分析を支援し、独自のインサイトを明らかにします。

お問合せ

メリット

トムソン・ロイターの将来予測データを使用することで、経済指標の長期予測が得られます。こうした予測は、自信をもって分析、計画、判断するための指針になります。

将来予測のための経済指標により、ビジネス・エコノミスト、戦略および計画担当者、バイサイド/セルサイド・アナリスト、学術機関によるコンセンサス・オピニオンにかつてないレベルでアクセスできます。

ユーザーと企業が信頼する指標を活用することで、市場変化に確実に備え、商談や競争を常に優位に進めることができます。

サービスの内容と特長

指標予測

エコノミスト・インテリジェンス・ユニット、コンセンサス・エコノミクス、オックスフォード・エコノミクス、ブルーチップ・エコノミック・インジケーター、IMF、欧州委員会、OECD など、トップクラスの経済コンサルタントや公式組織による予測を参照することで、自信をもってトレンドを分析できます。これらのデータセットを活用することで、世界経済全体の主要指標の短期および中期見通しが得られます。

Reuters Polls が提供する 700 超のグローバルな市場変動指標から短期見通しを引き出すことで、経済イベントと潜在的な市場反応を予測します。トムソン・ロイターのパートナーである Fathom Consulting は、マクロ経済ポリシー指標など、予測と独自のリスク測定基準を提供します。これにより、意思決定を進めることができます。

予測調査

Ipsos Consumer Sentiment 指数、MNI Indicators の消費者およびビジネス・センチメント、Markit Economics の購買マネージャーの指数など、パートナーの調査内容を利用することで、市場の変化にいち早く対応できます。

個々の市場については、国内リサーチ機関や組織によるローカル・センチメントと予想を評価できます。こうした機関や組織としては、英国の Confederation of Business、日本の内閣府、短観、米国の The Conference Board、オーストラリアの Westpac および NAB などがあります。また、幅広い産業セクターごとに、EU 諸国の企業心理指数も評価できます。

将来を予測する経済指標

トップクラスの世界経済予測

お問合せ