グローバル・コモディティ市場で成功を収める

コモディティ

より先を読み、より早く察知し、より迅速に行動しましょう。すべての主要コモディティに関するニュース、分析、ファンダメンタルズ、リサーチ、予測をお届けします。

お問合せ
Oil tanker
REUTERS/Desmond Boylan

農産物、エネルギー、メタル市場の有益なインサイト

コモディティ市場を包括的にカバーするトムソン・ロイター独自のインサイトは、市場の現状把握だけでなく、今後の予想にも力を発揮します。

ニュースから分析まで、ファンダメンタルズから予測まで、世界で最も適切でタイムリーかつ正確なコモディティのコンテンツを、数々の直観的で使いやすいフォーマットでお届けします。

220 人を超えるベテラン記者から成るロイター・ニュースのコモディティ担当チームが、いち早く商品価格に影響を及ぼす主要記事を定期的に報告するため、市場が動く前に行動を起こすことができます。

トレーダー、プロデューサー、ポリシーメーカー、政府関係者との間で培われた長年のつながりにより、ベテラン記者たちがカバーする商品市場のニュースからは頻繁に独占記事が生まれます。

トムソン・ロイターを活用することにより、投資機会を発見し、リスクを特定し、自信を持って行動することが可能になります。

コモディティ

Thomson Reuters Eikon

Thomson Reuters Eikon は、商品取引と市場分析を成功に導くために、必要な情報やデータをすべて一箇所にまとめた完全パッケージをお届けします。

メタル、エネルギー、農産物市場に関するユニークなインサイトが得られるソースをご利用ください。より適切な情報を、より使いやすい形で、より迅速に、業界で最も直観的かつ柔軟なユーザー・インターフェイスで提供します。

エネルギー取引のプロフェッショナル向け Eikon の詳細 >

メタル取引のプロフェッショナル向け Eikon の詳細 >

PointConnect

PointConnect は、複数のソース、サプライヤー、そしてさまざまな地域から配信される重要な情報を、1 つのデータ・フィードを通じて、標準化フォーマットでお届けします。信頼性が高く、タイムリーで使いやすいプラットフォームをベースとし、エネルギー、農産物、サプライおよび輸送に影響を与えうるすべての情報を、ファンダメンタルズから市場価格データ、気象開発、船舶情報に至るまで、幅広く扱います。

Eikon Messenger

30 万人を超える世界中の金融の専門家とのインスタント・コミュニケーション。ライブ・データ、チャート、分析情報を共有できます。また、編集者が司会を務めるニュース・フォーラムやディスカッションでは、重要なコモディティのトレンドや市場の課題などがトピックになるため、それらを活用することもできます。

Thomson Reuters Elektron

Thomson Reuters Elektron は、データから取引提案までの一式を備えたツールです。ローレーテンシー・フィード、分析機能、エンタープライズ・プラットフォーム、取引接続性などを備え、いかなるワークフロー・アプリケーションにも対応します。

Elektron は、その中核的な機能を通じて、世界で最も革新的なデスクトップおよびモバイル・ファイナンシャル・アプリケーションである Thomson Reuters Eikon をパワーアップさせます。これにより、金融の専門家は、どこにいても、またどのような役割であっても、当社のグローバル・インフラストラクチャを簡単に利用できるようになります。

コモディティ・インデックス

トムソン・ロイター インデックスは、お客様のあらゆるパフォーマンス測定や投資ニーズに応じて、グローバルに、クロスアセット・インデックスを提供します。当社のインデックスは、使用上の制限や、他のインデックス・プロバイダーから課される価格設定の複雑さを排除し、競合上の優位点をもたらします。

コモディティ・ベンチマーク

トムソン・ロイターは、主要なコモディティ市場ベンチマークの公式な管理、計算、公開を担うエージェントとして、貴金属やエネルギー市場を含むグローバルおよび地域的な商品市場の透明化を促進しています。

当社は、以下のコモディティ・ベンチマークを設けています。

LBMA 銀価格

ロイター・アジア石油スワップ・フォワードカーブ

ロシアの石油投資家とカスピ海の投資家

ロシア/ユーラシアの石油・ガス市場に関するインサイダー情報と分析情報を取得できます。

現地の専門家により執筆され、国内の経験豊富な専門家、アナリスト、ジャーナリストのチームによりプロデュースされる刊行物は、充実したコンテンツを誇ります。これらは、ロシアや中央アジアおよびカスピ海沿岸の国々でのそれぞれの開発が、いかにダイナミック・マーケットにおけるビジネスに影響しうるかを理解するのに役立ちます。