Thomson Reuters ブログ

輸出入業者にとって変化は特別なことではありません。アメリカだけでも、コンプライアンスチームはこの10年あまりで多数の貿易問題に取り組んできました。そのような中、サプライチェーンが現在直面しているのは地球規模の新型コロナウイルスのパンデミックです。その計り知れない影響のため、企業には混乱を乗り切るのに今までと全く違うツールや手法が求められています。

世界中の企業でテレワークが行われています。しかしそれに伴うリスクにはどのようなものがあるのかご存じでしょうか?トムソン・ロイターがサイバーセキュリティ対策を強化する必要があると思われる場所をご紹介します。

(2020年3月26日)-プリンセス・クルーズ・ラインズの乗客らは、同社は少なくとも2人の下船した乗客が新型コロナウイルス感染症を発症していることを知っていたにもかかわらず、クルーズ船の出航を許可したという会社の過失により乗客をウイルスに暴露させたとして7件の訴訟を起こしました。

(ロイター)米法律事務所ボーイズ・シラー・アンド・フレクスナーは、2020年夏に同事務所が実施するアソシエート向けサマークラスの参加生に対し、プログラムは「予定通りに行う」と伝えました。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、リモートでの実施も視野に入れています。

ワシントン州矯正制度に基づいて刑期を開始した受刑者が、新型コロナウイルス感染拡大でパンデミック宣言がなされたことを受けて、刑務所における新型コロナウイルス感染の予防、封じ込めおよび治療を可能にする措置を講じるよう州に要求しました。 原告:ネイジェル、被告:ワシントン州矯正局など No. 20-2-05585-4, 申立受理, 2020 WL 1329368 (ワシントン州ピアス郡上級裁判所2020年3月17日)

(ロイター)-コロナショックによる経営悪化の影響を受け、企業はリストラを最小限に抑えながら、経費削減を試みています。法務顧問や法務部門幹部は彼らの報酬にも影響が出ると見ています。