Refinitivについて

Refinitivについて

大きく広がる未来へ

トムソン・ロイターのファイナンシャル&リスク部門はRefinitiv(リフィニティブ)に生まれ変わりました。これに伴い、トムソン・ロイター・ジャパン株式会社も名称が変更される予定です。会社名の変更日については決まり次第、告知します。会社名変更手続きが完了するまでは、引き続き「トムソン・ロイター・ジャパン株式会社」の名称が使用されます。

Refinitivでは、金融業界の未来に向けて大胆な未来像を描いています。

Refinitivは、トムソン・ロイターのファイナンシャル&リスク部門から名称変更し、独自のオープン・プラットフォーム、ハイパフォーマンス製品、クラス最高水準のデータを基盤に、新会社として誕生しました。過去に例のない業界の変化を前に、深い知識と客観性の伝統を生かし、お客様やパートナー各社とともにパフォーマンス向上とイノベーションを追求していきます。

最先端の技術、データ、ノウハウを金融業界に提供

未来を見据えた技術、データ、人材を柱に、お客様の成功のためのサポート体制を整えています。

Eikon、Elektron、FXall、World-Checkなど、データ、分析、トレード、リスク評価の各種ツールの提供にとどまらず、将来を見据え、お客様とともに次世代の最新鋭技術の開発にも取り組んでいます。

人材とアイデアを生かして豊かな機会づくりへ

160 年以上におよぶロイターの歴史と、最新の技術や業界のイノベーションとを融合し、自信を持って時代の変化をチャンスに変えていける環境をお客様やパートナー各社にお届けします。

信頼するのは「OPEN」の力

イノベーションを生み出す最大の原動力は自由なアクセスにあります。最高水準のデータ、スマートなツール、人間ならではのノウハウへのアクセスが欠かせません。そこで弊社はコミュニティの力を生かしたオープン・プラットフォームに投資し、目の前に立ちはだかる壁を打ち破り、お客様に提供できる選択肢の幅を広げています。

最も大切なのはパフォーマンス

ハイパフォーマンス製品は、優れた才能を持つ人材の力に支えられています。お客様と一心同体で取り組み、一緒に新しい価値を生み出す企業文化の下、スタートラインに立っております。